生瀬勝久がテレビドラマシリーズ「トリック」のスピンオフ作品で連ドラ初主演 - 2010年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

テレビ朝日系列で放送された人気テレビドラマ「トリック」のスピンオフ作品「警部補 矢部謙三」が登場。生瀬勝久が連続ドラマで初主演を務める。

「トリック」は、マジシャン・山田奈緒子(仲間由紀恵)と物理学者・上田次郎(阿部寛)が、超常現象にまつわる事件に隠されたトリックを暴いていくミステリーコメディー。シリーズ第1作の放送から10周年を数えるヒットシリーズで、今年5月には劇場版3作目の公開も控えている。

今作で主人公となるのは、生瀬演じる矢部謙三。カツラであることを必死に隠し、出世欲から上司にはゴマをすり、部下の手柄は横取する。毎度事件を引っかき回す“ダメ刑事”だが、主役の2人に劣らぬ人気を集めるキャラクターだ。

今回は部下のアキバ系オタク刑事・秋葉原人(池田鉄洋)と、伝説の刑事を父に持つ新人刑事・桂美晴(貫地谷しほり)とともに難事件の解決に挑む。

放送はテレビ朝日系列にて、4月より毎週金曜日23:15放送開始予定。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1820