舞台『放浪記』公演中止 森光子の健康に配慮 - 2010年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

東宝は26日、5・6月にシアタークリエで公演を予定していた、森光子主演の舞台『放浪記』の公演を中止すると発表した。

東宝によると、森が公演開始前に行う定例の健康診断を受けたところ、主治医より「日常生活には何の心配もないが、4時間にも及ぶ大作に連日出演することは、本人の体に差し障りが出る恐れがある」と助言を受け、所属事務所やスタッフらとともに協議の上、公演中止を決定したという。

『放浪記』は、1961年の初演から森が主演を続けてきた舞台で、昨年2000回上演を達成。この功績で国民栄誉賞を受賞している。今年は5月5日から6月27日まで、44ステージの上演が予定されていた。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1827