新感線☆RX『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive〜』プレスコール - 2010年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
古田新太(左)と天海祐希

▲古田新太(左)と天海祐希

3月18日に赤坂ACTシアターで開幕した、劇団☆新感線の30周年興行第1弾『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive〜』。そのプレスコールが17日に行なわれた。

舞台は17世紀ヨーロッパ。海賊となった石川五右衛門(古田新太)は女海賊アンヌ・ザ・トルネード(天海祐希)の用心棒になっていた。しかし、隙を突かれて宮廷に連れ去られてしまったアンヌは、そこで自分が先王の娘であると告げられる......。

古田(左)と天海
全面LEDパネルに映し出される映像も舞台を盛り上げる

▲古田と天海

▲全面LEDパネルに映し出される映像も舞台を盛り上げる

当日はアンヌと五右衛門の登場シーンを披露。海賊姿の天海が、宝塚時代を思わせるハスキーボイスでマントを翻すさまは、思わずゾクっとするほどの色気が。対する古田も、頭二つ分はありそうな大きなカツラと重量感のある衣裳を身にまといつつ、キレのある軽やかな立ち回りを披露した。さらに全面LEDパネルを使用した舞台背景が作品世界をよりゴージャス、かつマンガチックに演出し、劇団創立30周年を“新感線らしく”盛り上げている。

舞台稽古後に行なわれた会見でのコメントは以下の通り。

会見より。天海(左)と古田

▲会見より。天海(左)と古田

古田新太
ちょっと(舞台背景の)映像がすごすぎて、役者がかすんで見えないか心配ですが(笑)、大きい二人で頑張ってます。非常に面白い作品になっていると思います。メッセージどうこうというより、最後にお客さんと歌って踊れるような作品なので、天海さんのコスプレともども楽しんでいただけたら。

天海祐希
みなさんに楽しんでのっていただける作品になっていると思います。今回7、8回衣裳替えがあるんですが、全部好きですね。久しぶりの軍服姿があったり(「どんな女優さんだよ(笑)!」と古田の突っ込みが入り)(笑)、初めての海賊姿があったり。古田さんは舞台だと普段とまったく違ってすごく色っぽくて(笑)、頼りにしてます!

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1898