市川海老蔵主演『松竹大歌舞伎 ロンドン・東京・京都 3都市公演』制作発表会 - 2010年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
海外興行に向けての熱意を語る市川海老蔵

▲ロンドン興行に向けての熱意を語る市川海老蔵

3月に入籍した市川海老蔵が、今年の6月にロンドンの名門サドラーズ・ウェルズ劇場で上演される『義経千本桜』に主演することが決定し、25日に都内某所で会見が行われた。

海老蔵は、06年に同劇場で上演された舞踊『藤娘』と怪談もの『かさね』に出演。両作は、翌年のオリヴィエ賞ダンス部門にノミネートされた。同公演後から海老蔵の中で、“次のロンドン公演では『四の切』(『義経千本桜』の通称)を”という思いがあったという。今回、その夢がかない、『義太夫狂言三大名作』の一つである『義経千本桜』の中から、狐忠信が活躍する『鳥居前』『吉野山』『川連法眼館』を上演する。

「まだおっきい塔(ロンドン・ブリッジ)には行ったことがない」と海老蔵

▲「まだおっきい塔(ロンドン・ブリッジ)には行ったことがない」と海老蔵

4年ぶりのロンドンでの興行に、「サドラーズ・ウェルズ劇場の関係者が“またやってくれよ”と言ってくれた、その言葉に胸が熱くなった。一生懸命勤めたい」と熱意を見せた。また、「前回は、10〜40代までの(比較的)若い世代が劇場の後ろの方の席で食い入るように観てくださっていたのが印象的」と語り、自身と同世代の観客が集まる同劇場で、「人が親を思う気持ち、真っすぐな愛情を伝えたい」と意気込んだ。

宙乗りが見所の一つである本作。海老蔵によると、「ロンドンでは、お客様の上を飛んではいけないらしいので、僕の中で別の構想も考えている」のだとか。具体的には、「花道はあります。経費の関係で難しいとされていますが、すっぽん(花道にある小型のせり)を、特に『吉野山』では作りたいと思ってますね」と、その考えを語った。

同作はその後、8月に東京・新橋演舞場で、9月に京都・南座でも上演予定。京都では全編通し公演を予定している。

インフォメーション

『松竹大歌舞伎 ロンドン・東京・京都 3都市公演』

【キャスト】市川海老蔵/中村芝雀/大谷友右衛門
*芝雀、友右衛門の東京・京都公演への出演は未定

ロンドン公演
2010年6月4日(金)〜15日(火)
・会場=サドラーズ・ウェルズ劇場
・料金=全席指定A席9,000円/B席7,200円
・お問い合わせ=松竹国際公演室 TEL.03-5550-1576

東京公演
2010年8月
・会場=新橋演舞場
・お問い合わせ=新橋演舞場宣伝部 TEL.03-3541-2210

京都公演
2010年9月
劇場=京都四條南座
お問い合わせ=京都南座宣伝部 TEL.075-561-6017

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1929