第37回伊藤熹朔賞は、流山児★事務所『ユーリンタウン』の水谷雄司 - 2010年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

舞台装置や、衣裳・照明など舞台美術に功績のあった人物に贈られる第37回伊藤熹朔賞の受賞者が決定。流山児★事務所公演『ユーリンタウン』の舞台美術を手掛けた水谷雄司に贈られる。

同作は昨年5・6月、座・高円寺にて上演。「劇場空間をうまく取り込みながら、演出と装置と作品の調和に成功している。また、デザインが整理されムダが無く、高いオリジナリティーを持った空間を創り上げている」と評価された。

授賞式は今月26日に俳優座劇場で行われる。受賞者一覧は以下の通り。

インフォメーション

第37回伊藤熹朔賞 受賞者一覧

伊藤熹朔賞
水谷雄司
流山児★事務所『ユーリンタウン』の装置に対して

新人賞
長田佳代子
ヨーロッパ企画『ボス・イン・ザ・スカイ』の装置に対して

奨励賞
西原梨恵
木下サーカス『日本の古典芸』の衣裳に対して

特別賞
鎌倉正(美鈴工業)
鉄工製作と装置動力機構の安全に配慮した開発技術により、舞台美術の水準向上に寄与した。その長年の功績に対して

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1942