早乙女太一『嗚呼、田原坂』『早乙女太一舞踊ショー』が上演中 - 2010年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『嗚呼、田原坂』より、早乙女太一(中央)

▲『嗚呼、田原坂』より。早乙女太一(中央)

大衆演劇界のスター・早乙女太一。彼が明治座最年少男性座長を務める『嗚呼、田原坂』『早乙女太一舞踊ショー』の公開舞台稽古が初日前日に行われた。

公演は2部構成になっており、1部では鋭い太刀筋を持つ若き美貌の剣士役を、2部では早乙女太一の十八番である女形姿を明治座ならではの大スケールの演出と絡めて見せる。『嗚呼〜』の脚本はAND ENDLESS主宰の西田大輔、演出は岡村俊一。『〜舞踊ショー』の構成・演出は齋藤恒久が務めている。

公開された1部の舞台稽古で早乙女は、人を斬ることに苦悩し、戦う意味を見いだせずにいる若き剣士を熱演。表情や細かい所作も丁寧に作り込んでいた。また、早乙女の得意とするしなやかでキレのある殺陣も存分に披露。女形のイメージが強い早乙女とはひと味違う、男・太一を魅せつけた。

『嗚呼、田原坂』より、早乙女 会見より。左から知念里奈、早乙女、持田真樹

▲『嗚呼、田原坂』より。早乙女

▲会見より。左から知念里奈、早乙女、持田真樹

『舞踊ショー』より。早乙女

▲『舞踊ショー』より。早乙女

稽古前の会見で、早乙女は「今はまだリラックスしていますが、明日の本番前になったら緊張すると思います。プレッシャーはすごくありますが、緊張しすぎて空回りしても良くないので、(良い意味で)一生懸命になりすぎないように頑張りたい!」と意気込みを語った。また、早乙女について、共演する女優陣は「女・太一も男・太一もすごく素敵です。みなさん虜になってしまいますよ!」(知念里奈)、「こんなに美しい殺陣は初めて見ました。教えてほしいくらい」(持田真樹)とそろって絶賛。演出の岡村も「(1部の芝居は)全体で2時間半くらいあるのですが、太一くんが舞台袖に引っ込むのは2分半くらいしかありません。ずっと出ずっぱり。稽古中も大量の汗をかいていました」と稽古での奮闘ぶりを明かし、それに対し早乙女も「具体的に何キロ減ったか分かりませんが、顔が痩せたと思います(笑)」とコメント。体力的にもハードな稽古を乗り越えたようだ。

公演は4月12日(月)まで明治座、4月16日(金)〜27日(火)愛知・御園座にて行われる。

 

インフォメーション

『嗚呼、田原坂』『早乙女太一舞踊ショー』

【スタッフ】『嗚呼〜』脚本=西田大輔 演出=岡村俊一 『〜舞踊ショー』構成・演出=齋藤恒久
【キャスト】『嗚呼〜』早乙女太一/持田真樹/高部あい/内野謙太/山本亨/山崎銀之丞/知念里奈

2010年4月1日(木)〜12(月)
・会場=明治座
・チケット発売中
・料金=全席指定A席10,500円/B席5,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3660-3900

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1944