リーバイスの春のキャンペーンキャラクターに森山未來と菊地凛子 6月に二人芝居も - 2010年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「I'm Levi's」キャンペーンビジュアル

リーバイ・ストラウス ジャパンの、2010年春のブランドキャンペーン「I'm Levi's®」がスタート。キャンペーンキャラクターに俳優の森山未來と菊池凛子が起用されている。

キャンペーンは「原点という生き方」がテーマ。自らのスタイルや「生き方」に強い自信を持つ、森山と菊池により、デニムブランドの歴史と共に培った、クラフトマンシップに宿る精神が表現される。また、6月上旬には、このキャンペーンテーマを題材にした、二人芝居の舞台企画も進められている。

キャンペーンビジュアルの二人はジーンズに白いTシャツ、裸足というシンプルな姿。役者とのしての原点を追求する、真剣さ、ストイックさを表現するため、公演に向けた稽古風景を撮影したものだ。

撮影は、ダンサー・振付家の康本雅子の立会いのもと、練習からスタート。稽古場からはスタッフ陣も退出し、3人だけの「コンタクト・インプロヴィゼーション」(相手の力を自分の動きのエネルギーとする独特の手法からなる即興ダンス)による、肉体的・精神的なコミュニケーションが重ねられた後、カメラマンを迎え入れて撮影が行われたという。

康本は「今まで見たことのない、コンタクト・インプロヴィゼーションですね。やっぱり本当にすごい役者さんがこれをやると、こんなにも情緒的で、こんなにも艶かしい」とコメントしている。

広告展開は、雑誌、ウェブ、交通機関などを通じて展開。公演情報は随時キャンペーンサイトで公開される。また、同サイトでは、「あなた舞台」と題したTwitter連動キャンペーンも開始。自分のTwitter IDから自分自身が主演の公演案内、チケットが作られるというユニークなサービスだ。

【追記:2010/5/6】
公演情報が決定。作・演出を手掛けるのはペンギンプルペイルパイルズの倉持裕。音楽はSAKEROCKの田中馨が担当。チケットは、Levi's® Store渋谷店、原宿店、E-SHOP(オンライン通販)にて、10,000円以上購入者を対象に、先着250組500名様へ(E-SHOPのみ抽選)プレゼント。入手方法の詳細は公式サイトを参照。

インフォメーション

I'm Levi's®二人芝居『Griffon』

【スタッフ】作・演出=倉持裕(ペンギンプルペイルパイルズ) 音楽=田中馨(SAKEROCK)
【出演】森山未來/菊地凛子
2010年6月3日(木)19:00開場/20:00開演
・会場=東京グローブ座

"I'm Levi's®二人芝居"「Griffon」チケット入手方法発表! | VOICE of Levi's

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1962