新橋演舞場『五月花形歌舞伎』記者会見 - 2010年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真左から中村七之助、市川海老蔵、市川染五郎、尾上松緑、中村勘太郎

▲写真左から中村七之助、市川海老蔵、市川染五郎、尾上松緑、中村勘太郎

市川染五郎、尾上松緑、市川海老蔵、中村勘太郎、中村七之助といった華やかな若手がそろい、新橋演舞場、五月花形歌舞伎の記者会見が開かれた。建て替えのため一時休場となる歌舞伎座に代わって、この公演から新橋演舞場が歌舞伎公演のメイン劇場となる。その最初の興行だけに、メンバーの気合いは充分。今回の一座の兄貴分である染五郎は「歌舞伎座が休場している間に、どれだけお客様をひきつけられるか。役者として大きくなるチャンス」とコメント。全員が家の縁の演目に挑戦し、未来の歌舞伎を担う俳優がその技を競う、見逃せない公演となりそうだ。昼の部は『菅原伝授手習鑑 寺子屋』『義経千本桜 吉野山』『新皿屋舗月雨暈 魚屋宗五郎』『お祭り』、夜の部は『一谷嫩軍記 熊谷陣屋』『うかれ坊主』『助六由縁江戸桜』(三浦屋格子先より水入りまで)。

市川染五郎
演じる中に父の当たり役もありますし、プレッシャーも大きい興行です。(新しい歌舞伎座ができるまでの)3年間、自分がどれだけ成長できるかが試される、その最初の月だという気持ちで取り組みたい。

尾上松緑
七代目松本幸四郎から数えてハトコの2人(染五郎、海老蔵)と、これまでご一緒する機会が多くなかった勘太郎さん、七之助さんと一座が組める興行。切磋琢磨して頑張りたいと思っております。

市川海老蔵
同世代の方たちと一緒にできることは本当にうれしい。お互いに刺激し合い、仲良く、切磋琢磨し、成長できたら。その姿をお客様に観ていただいて、演目も充分楽しんでいただけるように努力したいと思っております。

中村勘太郎
このメンバーでやれることが本当にうれしいです。今、歌舞伎座で毎日素晴らしい『寺子屋』を観させていただいているのですが、5月に自分がやるものも、「いいものにしたいなぁ」とあらためて思っているところです。

中村七之助
(歌舞伎座がない3年間は)今まであまり共演しなかった方たちと舞台に立つ機会が増えそうでうれしい。皆さんの目を見て、せりふを聞いて、空気を吸って芝居をしたい。(歌舞伎座休場間も)いろんなところにちょこちょこ出られる女方の特権を生かしたいです。

インフォメーション

『五月花形歌舞伎』

【キャスト】市川染五郎/尾上松緑/市川海老蔵/中村勘太郎/中村七之助 ほか

2010年5月4日(火・祝)〜28(金)
・会場=新橋演舞場
・チケット発売中
・全指桟敷席16,000円/1等席15,000円/2階A席9,000円/2階B席8,000円/3階A席5,000円/3階B席3,000円
・お問い合わせ=チケットホン松竹 TEL.03-5565-6000、(5月2日以降) TEL.0570-000-489

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1998