西川貴教主演の『ザ・ミュージックマン』が上演中! - 2010年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
同作のテーマソングともいえるにぎやかなナンバー“Seventy-Six Trombones”より。中央がハロルド役の西川貴教

▲同作のテーマソングともいえるにぎやかなナンバー“Seventy-Six Trombones”より。中央がハロルド役の西川貴教

西川貴教が主演を務めるブロードウェイミュージカル『ザ・ミュージックマン』が、4月23日(金)に池袋の東京芸術劇場 中ホールで開幕。5月8日(土)からは、劇場を新宿の新国立劇場 中劇場に移し、同20日(木)まで公演を行う。

アメリカの田舎町に降り立った詐欺師の男が巻き起こす騒動をにぎやかに描く同作は、チャールズ・チャップリンの代表作「独裁者」(40年)などの映画音楽を手掛けるメルディス・ウィルソンの脚本・作詞・作曲により、57年にブロードウェイで初演。一緒に口ずさみたくなるようなマーチング・ソング“Seventy-Six Trombones”や、スタンダード・ナンバーとしても知られる美しいバラード“あなたに出会って(Till There Was You)”など多彩な楽曲が充実しているほか、ダンスシーンもふんだんに盛り込まれており、笑いと感動を得られる超王道のストーリー展開も含め、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめる作りになっている。初演版は、58年のトニー賞で作品賞を含む計5部門を制覇。約3年半にわたり、1375回というロングラン公演を記録している。また、ロバート・プレストンやバーバラ・クックらオリジナル・キャストによるレコーディング・アルバムも大ヒットし、58年に発表された第1回グラミー賞では、ベスト・オリジナル・キャスト・アルバム賞に輝いている。

ハロルドの昔の仲間マーセラス役の植木豪(右)と西川
ハロルドに惹かれていくマリアン役の彩乃かなみ(中央)

▲ハロルド(西川・左)の昔の仲間マーセラス役の植木豪(右)

▲ハロルドに惹かれていくマリアン役の彩乃かなみ(中央)

鈴木裕美が演出する今回の翻訳上演では、『ハウ・トゥー・サクシード〜努力しないで出世する方法〜』以来3年ぶりのミュージカル出演となる西川貴教が、歌に踊りに大活躍し、詐欺師という悪人でありながらどこか憎めない主人公を愛きょうたっぷりに好演。また、主人公の正体を見破りながらも心惹かれていくヒロインを演じる彩乃かなみら共演者とも、息の合ったパフォーマンスを繰り広げている。カーテンコールには「あっ」と驚くような演出も待っているので、最後までお見逃しなく!

なお、東京公演終了後は、名古屋や大阪、札幌での公演も決まっている。

以下、開幕に際しての主演・西川のコメント。

西川貴教 ハロルド・ヒル役
(3度目のミュージカル出演だけど)まだまだ毎回勉強させていただくことが多いです。特に、こうしたコメディーですと舞台だけでなく、楽屋の雰囲気とか普段のカンパニーの結びつきがそのままステージ上に表れると思うので、そういう意味でムード作りがすごく大切かなと思って、作品に挑ませてもらっています。特に、今回はテンポの良さもみどころですけども、(キャストが)個性的な方たちばかりですので、観ていただくと多分いろいろなものを忘れられるパワーを持った作品に仕上がっています。ぜひ劇場にお越しください。

 

インフォメーション

■東京・新国立劇場公演

*5月22日(土)愛知県芸術劇場 大ホール、25日(火)〜30日(日)大阪・森ノ宮ピロティホール、6月5日(土)北海道・札幌市民ホールでも公演あり。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2082