相葉雅紀主演『君と見る千の夢』が開幕 - 2010年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

相葉雅紀主演の『君と見る千の夢』が5月2日に東京グローブ座で開幕した。相葉にとっては、舞台4本目にして初の書き下ろしとなる今作。家族や恋人とのかかわりの中で、自らの過去と現在を見つめ直す青年・春也役を熱演している。演出はこれまでの相葉の舞台作品すべてを手掛けている宮田慶子、脚本は人気ドラマを多数手掛ける若手脚本家の金子ありさだ。

激しいブレーキ音と鳴り止まぬクラクションで始まるオープニング。明転するとそこは病院の緊急処置室だった。運び込まれた患者の周りを、切羽詰まった様子で取り囲む医師や友人たち。その周りを、春也は動揺した様子でうろうろしている。しばらくして彼は、自分の姿や声が誰にも届いていないことに気付く。そしてその意識不明の急患こそ、自分自身だと気付くのだった……。

幽体離脱という非現実的な要素を織り込みつつも、下駄屋を営む頑固者の父(田山涼成)や、頑張り屋の恋人・美智子(上原美佐)との関係、そして遠い過去に置き去りにしてきた自身の「夢」のことなどを描く物語は、誰もが共感しやすい内容になっている。相葉は持ち前の明るさに、時折シリアスな一面をのぞかせながら、春也の複雑な気持ちの変化を丁寧に演じ、“大人の男”としての凛々しさ、深みを見せた。

公演は5月24日まで。前売は完売、当日券は各公演日の前日12〜14:00にぴあ専用ダイヤル(0570-00-0062)にて受付。1公演につき1人1回のみ、2枚まで。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2081