鴻上尚史、松尾スズキも審査員に 作家・脚本家をサポート「MONO-KAKI大賞」設立 - 2010年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

吉本興業、小学館の週刊漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」、ニッポン放送のラジオ番組「オールナイトニッポン」の合同プロジェクト「MONO-KAKI大賞」が設立された。

同賞は、作家や脚本家などを目指す、“金の卵”たちの夢をサポートするプロジェクト。ハガキ一枚からシナリオまで、より広い間口とより広い解釈で、“モノを書く”才能を広く募集する。

募集は、シナリオ部門(第一回神保町花月脚本賞)とショートストーリー部門(ビッグコミックスピリッツ創刊30周年記念賞)の2部門。各部門の優秀作品には賞金が贈られるほか、副賞として、神保町花月での公演化や、ビッグコミックスピリッツでの漫画化もされる。

また、シナリオ部門の審査員には井筒和幸、鴻上尚史、鈴木おさむ、せきしろ、湊裕美子ら、ショートストーリー部門審査員にはいとうせいこう、小田扉、松尾スズキが名を連ねている。

応募締切は8月31日(火)必着。結果発表、授賞式は10月を予定している。応募の詳細や、お問い合わせは公式サイトを参照。

インフォメーション

MONO-KAKI大賞

シナリオ部門(第一回神保町花月脚本賞)
・テーマ=自由、規定の形式で募集
・賞金=大賞200万円/優秀賞50万円/佳作10万円
・副賞=神保町花月にて公演化
・審査員=井筒和幸/鴻上尚史/鈴木おさむ/せきしろ/湊裕美子 ほか

ショートストーリー部門(ビッグコミックスピリッツ創刊30周年記念賞)
・テーマ=「魂(スピリッツ)が震えたイイ話」 形式自由
・賞金=大賞100万円/優秀賞30万円/佳作10万円
・副賞=ビッグコミックスピリッツにて漫画化
・審査員=いとうせいこう/小田扉/松尾スズキ

応募締切=2010年8月31日(火)必着

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2089