ポツドール・三浦大輔が翻訳劇を初演出 『THE SHAPE OF THINGS』2011年2月に上演 - 2010年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

現在公演中の『裏切りの街』で、PARCO劇場に初登場したポツドール・三浦大輔。来年2月に、翻訳劇の初演出を手掛けることが分かった。

作品はアメリカの脚本家、ニール・ラビュートの『THE SHAPE OF THINGS』。冴えない外見の男子学生・アダムは、ある日バイト先の美術館で、美大生・イヴリンに一目惚れ。二人は付き合い始めることになるが、彼をカッコいい男に変身させようと考えるイヴリンのペースに巻き込まれ、ダイエットに励み、鼻の整形手術まで施すアダム。やがて彼は、見違えるほどのスマートな青年へと姿を変えるが……。映画監督としても活躍するラビュートが、03年に自ら映画化も手掛けたブラックコメディーだ。

2011年2月、青山円形劇場にて公演予定。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2091