土方歳三役に早乙女太一 人気ゲーム「薄桜鬼」が舞台化 - 2010年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

新選組を題材にした人気テレビゲーム「薄桜鬼」の舞台化が決定。早乙女太一が土方歳三役として登場する。

原作はPlayStaion2用のゲーム「薄桜鬼 新選組奇譚」。舞台は文久三年、幕末の京都。主人公・雪村千鶴は、消息を絶った蘭学医の父を捜すため京都を訪れる。そこで千鶴は血に飢えた化け物と、それを切り伏せる新選組の隊士たちと遭遇する……。新選組や幕末の史実をベースにした、女性向け恋愛ゲームとして08年に発売。以降、ニンテンドーDS版などの他機種版や、ファンディスクが発売され、現在はテレビアニメも放映されている人気作だ。

早乙女が演じるのは、新選組の中でも“鬼の副長”と異名を取った土方歳三。沖田総司のような中性的なイメージの早乙女だが、「“芯”の強さを感じてくれたプロデューサーからの(土方役の)オファーを受け快諾した」という。

ヒロイン・千鶴役には、08年のキャラメルボックス公演『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』で初舞台も経験している黒川智花。また、史実には登場しない作品オリジナルのキャラクターで、新選組と敵対する組織の風間千景役に木村了、天霧九寿(あまぎり・きょうじゅ)役で人気ロックバンド「ORANGE RANGE」のメンバー、RYOが初舞台に挑戦。そのほか新選組の隊士、沖田総司役に窪田正孝、斉藤一役に中村倫也をはじめ若手俳優たちが顔をそろえている。

公演は10月1日(金)から17日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて。詳細は公式サイトにて随時発表される。

インフォメーション

『薄桜鬼』

【スタッフ】演出=キタムラトシヒロ
【キャスト】早乙女太一(土方歳三)/黒川智花(雪村千鶴)/木村了(風間千景)/窪田正孝(沖田総司)/中村倫也(斉藤一)/橋本淳(原田佐之助)/坂本爽(近藤勇)/中村誠治郎(永倉新八)/杉山彦々(井上源三郎)/橋本望(島田魁)/RYO[ORANGE RANGE](天霧九寿)/伊崎右典(不知火匡)/木下ほうか(雪村綱道) ほか

2010年10月1日(金)〜17(日)
・会場=天王洲 銀河劇場

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2098