10月、シネマ歌舞伎に宮藤官九郎作・演出『大江戸りびんぐでっど』が登場 - 2010年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

昨年、歌舞伎座『十二月大歌舞伎』の演目として上演された、宮藤官九郎作・演出『大江戸りびんぐでっど』が、シネマ歌舞伎に登場する。

同作は、宮藤官九郎が「歌舞伎座の花道をゾンビで埋め尽くしたら面白いと思って」という発想から、生み出した新作歌舞伎。

音楽・向井秀徳、衣裳・伊賀大介、道具幕デザイン・しりあがり寿など、異色の才能も加わり、流行りの一発芸から下ネタ、ヒップホップにゾンビテイストを加えたダンスなどのエンターテインメント性を盛り込みながらも、江戸の世に現れた“ぞんび”が、人間の代わりに派遣社員として働くという設定から「派遣切り」という社会問題をとらえた、「現代の歌舞伎」となっている。

公開は10月16日(土)を予定。

インフォメーション

シネマ歌舞伎
「大江戸りびんぐでっど」

【スタッフ】作・演出=宮藤官九郎
【キャスト】市川染五郎/中村七之助/中村勘太郎/坂東彌十郎/市村萬次郎/片岡市蔵/片岡亀蔵/井之上隆志/市川猿弥/中村獅童/中村橋之助/中村扇雀/中村福助/坂東三津五郎/中村勘三郎

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2100