溝端淳平主演 舞台版『NECK ネック』が映画館で2週間限定上映 - 2010年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

溝端淳平・相武紗季主演の映画「NECK」の公開に先駆けて、舞台版『NECK』が映画館上映されることが決定した。

独特の作風を持ち、三島由紀夫賞受賞や、芥川賞候補選出などで注目を集める作家、舞城王太郎が原作を手掛けた本作。「首から下が動けないという一番嫌な状況で、一番怖いことが起こる」という同一のシチュエーションから、映画版と舞台版の2つの異なる物語が描かれる。

舞台版は、劇団デス電所・竹内佑が劇作、河原雅彦が演出を手掛け、今年2月に青山円形劇場で上演された。東京・新宿バルト9と大阪・梅田ブルク7で、2週間限定上映される。

» 溝端淳平主演『NECK』が上演中!

映画版は、溝端とともに相武紗季が主演を務める。大学生・首藤友和(溝端)は、憧れの先輩・真山杉奈(相武)に、玉砕覚悟で告白。すると、友和は杉奈の研究室に呼び出され、いわれるがままに首だけ出る木箱に入れられる。彼は、首から上の恐怖の妄想が具現化させ、お化けを作り出そうという「ネックマシーン」の実験台として選ばれたのだった……。

映画版は8月21日(土)より、シネマサンシャイン池袋、新宿バルト9ほか全国ロードショー公開。

インフォメーション

舞台版『NECK』2週間限定上映

【スタッフ】原作=舞城王太郎 劇作=竹内佑 脚色・演出=河原雅彦
【キャスト】溝端淳平/鈴木浩介/森崎博之/加藤啓/市川しんペー/河原雅彦

・東京:新宿バルト9 6月26日(土)〜7月9日(金)
・大阪:梅田ブルク7 7月17日(土)〜30日(金)
・料金=2,500円

映画版『NECK』

【スタッフ】原案=舞城王太郎 監督=白川士
【キャスト】相武紗季/溝端淳平/栗山千明(特別出演)/平岡祐太 ほか

8月21日(土)より、シネマサンシャイン池袋、新宿バルト9ほか全国ロードショー公開

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2114