「フェスティバル/トーキョー10」で勅使川原三郎の新作上演が決定 - 2010年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

11月に東京・池袋を中心に開催される舞台芸術の国際フェスティバル「フェスティバル/トーキョー」のラインアップとして、勅使川原三郎の新作が上演されることが決定した。

今作では、現代作曲家リゲティのピアノ曲とノイズ音楽を用いて、リゲティの硬質な音楽に呼応したダンサーの身体と、舞台美術により、音楽を縦軸、美術を横軸に新しいダンスのドラマトゥルギーを紡ぎだす。

また、現在Bunkamura シアターコクーンで公演中の『オブセッション』でも出演している佐東利穂子が今作でも共演する。

インフォメーション

勅使川原三郎 新作『タイトル未定』

【スタッフ】演出・美術・照明・衣装・選曲=勅使川原三郎(KARAS)
【キャスト】勅使川原三郎/佐東利穂子

2010年11月(金)〜28日(日)予定
・会場=東京芸術劇場 中ホール

そのほか「フェスティバル/トーキョー10」のラインアップはこちらを参照
» 「フェスティバル/トーキョー10」11月に開催 ラインアップ第一弾発表も

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2115