井上ひさし最後の作品『組曲虐殺』DVD 8月27日に発売開始 - 2010年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

4月に急逝した劇作家・作家の井上ひさしの最後の作品となった『組曲虐殺』のDVDが8月27日(金)に発売開始となる。

近年、再注目を集める「蟹工船」などの著者で、プロレタリア文学作家・小林多喜二の物語。検閲により表現の自由が抑圧されていた時代。官憲の拷問により29歳の若さで虐殺された多喜二は、人生最後の2年9カ月をどう生きたのか?  栗山民也の演出で、多喜二の生きた時代が彼を取り巻く人々の姿とともに鮮明に描かれる。

井上芳雄、石原さとみ、高畑敦子、山本龍二、山崎一、神野三鈴ら実力派俳優の共演が実現したキャスティングに加え、今作ではジャズピアニスト・小曽根真が音楽・演奏で舞台に参加したことも注目を集めた。

価格は6,090円(税込)

インフォメーション

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2157