市川海老蔵がロンドンに上陸!! - 2010年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
市川海老蔵

▲市川海老蔵

サドラーズ・ウェルズ劇場

▲サドラーズ・ウェルズ劇場

サドラーズ・ウェルズ劇場にて海老蔵が主演をつとめる『松竹大歌舞伎 ロンドン公演』の公開舞台稽古が6月3日の午後に行われ、終了後に現地や日本から訪れたマスコミ向けに、囲み取材が開かれた。

海老蔵は04年10月のパリ・国立シャイヨー宮劇場での海老蔵襲名披露、06年6月のロンドン・アムステルダム公演、07年3月のパリ・オペラ座、09年9月のモナコ公演と積極的に海外公演を行っており、ロンドン公演は4年ぶり2回目となる。現地時間6月4日の夜にいよいよ幕が開く予定だ!

なお、8月東京・新橋演舞場、9月京都・南座にて海老蔵によるロンドン公演凱旋興行が行われる。

市川海老蔵
(サドラーズ・ウェルズ劇場の印象は)懐かしい。4年前は気負うことが多くて余裕がなかったけど、今はActorとしてだけでなく、周りの出演者・スタッフのことを考えたり、いい経験をしている。4年分、歳を取ったと感じています。日本の文化の一つとして歌舞伎を紹介したい思いが大きいけど、一人の俳優として、この日本とは違った環境の中でどれだけ自分が挑戦できるのか確認していきたいです。(ロンドンの観客の印象は)厳しい評価も、うれしい評価もある。それは、多くの人が芸術を楽しんでいる証。特にサドラーズ・ウェルズは多国籍なイメージ。いろんな国の芸術を楽しんでもらえる空間です。今回、『義経千本桜』を選んだ理由は、歌舞伎の荒事・舞踊・芝居の要素が含まれ、ストーリーもしっかりとしているからです。初めて歌舞伎を観る方にも十分楽しんでもらえる自信があります。


 【追記:2010/6/7】
6月4日(金)にロンドン公演が開幕。劇場の1200の客席は満員。舞台中での宙乗りなどロンドン版での演出では客席から大きな拍手が沸き起こった。

鳥居前   宙乗りの演出も

▲鳥居前

 

▲宙乗りの演出も

カーテンコール

カーテンコール

市川海老蔵
本日、無事にロンドン公演の初日が開きました。今回の『義経千本桜』は4年前、私が初めてこの劇場で歌舞伎を勤めさせて頂いてから、もしも次に機会があればと心に決めていた演目です。今日は、お客様が面白いと思って頂いているのかそうでないのか、正直不安な気持ちで舞台を勤めていましたが、楽しんで頂けたようで、非常に嬉しい気持ちです。明日からもいい芝居をお見せできますよう精一杯頑張ります。

インフォメーション

『松竹大歌舞伎』

【キャスト】市川海老蔵/中村芝雀/大谷友右衛門
*芝雀、友右衛門の東京・京都公演への出演は未定

ロンドン公演
2010年6月4日(金)〜15日(火)
・会場=サドラーズ・ウェルズ劇場

ローマ公演
2010年6月21日(月)・22日(火)
・会場=アルジェンティーナ劇場

東京公演
2010年8月
・会場=新橋演舞場
・お問い合わせ=新橋演舞場宣伝部 TEL.03-3541-2210

京都公演
2010年9月
劇場=京都四條南座
お問い合わせ=京都南座宣伝部 TEL.075-561-6017

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2154