ミュージカル『誰がために鐘は鳴る』の32年ぶり再演も 宝塚歌劇団公演ラインアップ決定 - 2010年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は10日、10月以降の公演ラインアップを新たに発表した。

宙組は宝塚大劇場・東京宝塚劇場で、ミュージカル『誰がために鐘は鳴る』を上演。原作はヘミングウェイの小説で、ゲーリー・クーパーとイングリッド・バーグマン主演の映画でも知られている同作。宝塚歌劇では78年に鳳蘭、遥くららコンビの星組により上演されている。今回は初演の脚本・演出に、ミュージカルとしての新演出も加えながらの再演となる。

宝塚バウホール・東京特別公演では、『オネーギン』、『コード・ヒーロー』を上演。『オネーギン』は、ロシアの文豪、アレクサンドル・プーシキンの韻文小説「エヴゲーニイ・オネーギン」をミュージカル化。専科の轟悠を主演に迎えての公演だ。『コード・ヒーロー』は、朝夏まなとが法律や社会常識に捕らわれず、自分自身の掟(コード)のみに従って行動する反逆的ヒーローに扮するミュージカル。無実の罪を着せられてしまった士官候補生が、真犯人を探し出し、軍事産業で巨万の富を築いた巨大企業を崩壊へと導いていくサスペンス・ストーリーとなっている。

雪組次期トップスター就任が決定した音月桂のお披露目公演は『はじめて愛した』に決定。音月演じる主人公・バードは、フリー・カメラマンという表の顔と殺し屋という裏の顔を持つ男。1950年代のヨーロッパを舞台に、執拗な婚約者から逃れようとする女とバードとの奇妙な出会いからはじまる、ハードボイルド・タッチのミュージカルだ。

花組の全国ツアー公演は『メランコリック・ジゴロ』『ラブ・シンフォニー』に決定。『メランコリック〜』は93年に安寿ミラ、真矢みき、森奈みはるを中心とした花組で初演。08年には、真飛聖のトップお披露目公演としても再演されているミュージカルだ。1920年代のヨーロッパを舞台に、陽気なジゴロたちが一攫千金を企む夢物語を、笑いとペーソスを交えながら描く。

インフォメーション

【宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演】

宙組公演
ミュージカル『誰がために鐘は鳴る』

【スタッフ】脚本=柴田侑宏 演出=木村信司
【キャスト】大空祐飛/野々すみ花 ほか
・宝塚大劇場:2010年11月12日(金)〜12月13日(月)
10月9日(土)前売開始
・東京宝塚劇場:2011年1〜2月予定
前売開始日未定

【宝塚バウホール・東京特別公演】

ミュージカル『オネーギン Evgeny Onegin』(仮題)
【スタッフ】原作=アレクサンドル・C・プーシキン 脚本・演出=植田景子
【キャスト】[専科]轟悠 ほか
・東京特別(日本青年館):2010年10月15日(金)〜10月21日(木)
9月12日(日)前売開始
・宝塚バウホール:2010年10月28日(木)〜11月7日(日)
9月25日(土)前売開始

花組公演
BOW MUSICAL『コード・ヒーロー』

【スタッフ】作・演出=谷正純
【キャスト】朝夏まなと ほか
・宝塚バウホール:2010年11月18日(木)〜11月28日(日)
10月16日(土)前売開始
・東京特別(日本青年館):2010年12月3日(金)〜12月9日(木)
10月31日(日)前売開始

【シアター・ドラマシティ・東京特別公演】

雪組公演
ミュージカル『はじめて愛した』

【スタッフ】作・演出=正塚晴彦
【キャスト】音月桂 ほか
・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ:2010年10月13日(水)〜10月25日(月)
8月21日(土)前売開始
・日本青年館:2010年10月31日(日)〜11月7日(日)
9月26日(日)前売開始


【全国ツアー公演】

花組公演
サスペンス・コメディ『メランコリック・ジゴロ』−あぶない相続人−
グランド・レビュー『ラブ・シンフォニー』

【スタッフ】『メランコリック〜』作・演出=正塚晴彦 『ラブ〜』作・演出=中村一徳
【キャスト】真飛聖/蘭乃はな ほか
・2010年11月13日(土)〜12月12日(日)
梅田芸術劇場 メインホール、神奈川県民ホール、さいたま市文化センター、福岡市民会館、沖縄コンベンションセンターほか、15会場(日程、お問い合わせ先は劇団公式サイトを参照)で公演

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2181