筧利夫主演『広島に原爆を落とす日』制作発表会 - 2010年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
左から大口兼悟、山口紗弥加、筧利夫、仲間リサ、リア・ディゾン、馬場徹

▲左から大口兼悟、山口紗弥加、筧利夫、仲間リサ、リア・ディゾン、馬場徹

79年に初演され、84年に小説化もされた、つかこうへいの代表作のひとつ『広島に原爆を落とす日』が、8月シアターコクーンに初登場する。

主演を務めるのは、7年前のつかこうへいダブルス『飛龍伝』『幕末純情伝』にも主演した筧利夫。ほか、オーディションで選ばれた沖縄出身の若手女優・仲間リサ、2回目の舞台出演となるリア・ディゾン、若手俳優の大口兼悟、馬場徹、さらに舞台経験豊富な山口紗弥加とフレッシュな顔ぶれがそろった。

舞台は2010年の広島。新聞記者の山崎(筧)は殺人事件の罪を着せられ、広島刑務所に入れられていた。5年前、山崎は「犬子」の文字が記された外務省の密約文書について調査をしていたのだが、その後、山崎の周辺で不可解な事件が起きはじめ——。時は変わって1941年の広島。過酷な使命を背負った女性・百合子(仲間)と犬子(筧)はかつて愛し合った仲。しかし二人の運命は、第二次世界大戦によって引き裂かれてしまい——。

会見には上記キャストのほか、演出の岡村俊一、監修の杉田成道が登壇し、それぞれの意気込みを語った。

筧利夫 山崎/犬子恨一郎役(2役)
日本のことを誰よりも愛した、日本一アツい男・犬子役と、もしかしたらその子孫かもしれない山崎の二役を演じさせていただきます。久々のつか作品に、期待をぱんぱんに膨らませております。初めての二役に戸惑いはあるものの、なんと台本68ページ中、わたくし56ページ出ております! こんな芝居、ほかにはございません! 余計なことを考えず、体当たりで演じたいと思います。
【「つか作品の魅力は?」という質問に対して】
この世のものとは思えないようなつかさんの詩を、役者たちが筋トレに筋トレを重ねた身体で支えるところですね。体力がないと、つかさんの作品はできません。そこが魅力のすべてだと思います。

仲間リサ 百合子役
この舞台を通して皆さんに何かを感じていただけたら。初舞台なのでご迷惑をおかけするかもしれませんが、この役が私で良かったと思っていただけるように頑張ります。

大口兼悟 アドルフ・ヒトラー役
ヒトラー役を演じます。彼は独裁者というイメージですし、今回のストーリーの中でももちろんそういう部分はありますが、また全然違う部分も見せられたらと思います。

馬場徹 平沼役
僕の役は筧さん演じる犬子を本当に心から慕っていて、日本のために、というより犬子さんのために闘うという、意志の強い役です。個人的には、今年2月に上演された『飛龍伝2010 ラストプリンセス』に続き、2作目のつか作品となり光栄です。つかさんが本を書かれてた時の想いとか、前回の稽古で言われたことを思い出しながら励みたいと思います。

リア・ディゾン ジェニファー・スニード役
今回、また舞台に立つチャンスをいただいてすごくうれしいです。私が演じるのはアメリカの政府機関に所属している女性で、アメリカ人としては最初、この舞台に出ることは大丈夫かなと悩みました。でも、岡村さんのことを信じようと思って。アクションが多い役なので、頑張ります!

山口紗弥加 髪今日子役
私の役は自分が生まれた意味、広島に原爆が落とされた意味を追っていく役どころです。私も、初めてといっていいぐらいの本格的なアクションがあるので、まずは体力づくりから。あと、筧さんに負けないくらいの大きな声で頑張りたいと思います(笑)。

岡村俊一(演出)
2年前くらいにシアターコクーンの方から「2010年8月にシアターコクーンで何かやってくれないか」というお話をいただいたんです。で、初日を計算してみると、どうしても初日が8月6日になる。ならばやはり、広島の話を扱った作品をやるのがいいだろうと思いました。このお話自体は完全なフィクションですが、それを書いているつかさんのエネルギーは、戦後の人々が持っていたエネルギーでもあるのではないかと思います。そういったことも考えながら、いまこの舞台を日本一の演劇にしようと思っています。

杉田成道(監修)
我々人類はいま、核と共に生きていかなくてはならない、それが現実です。でも、日本人はことさら核の問題から目を背けようとします。でも日本人だからこそ、目を背けてはいけないのではないでしょうか。つかさんの戯曲の根底にあるのは、人が人を大切にする、愛するということです。そして、「それがなくして何が国家か」という思想があると思います。それを原爆をテーマにしたフィクションを通して語っている。この作品が投げかけるものは、今の日本にとって非常に大事なことだと思いますので、私自身、期待して本番を観たいと思います。

インフォメーション

東京公演

大阪公演

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2257