今井翼主演『PLAYZONE 2010』開幕! - 2010年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

86年にスタートし、少年隊を軸に、毎夏オリジナルミュージカルを上演してきた『PLAYZONE』。08年に23年の終止符を打った同シリーズが、2010年、今井翼を軸とした新生『PLAYZONE』として再スタートを切る。9日の初日開幕に先駆けて、公開ゲネプロが行なわれた。

サブタイトル「ROAD TO PLAYZONE」にもうかがえるように、これまでの『PLAYZONE』の歴史を彷彿させる、思い出深いダンスを多数盛り込んだ本作。開幕からダンサブルなナンバーが続けて披露され、本番さながらの迫力で観客を魅了した。

今回は、今井率いる『PLAYZONE』の舞台に憧れる若者たちの夢と友情を描いた物語。複雑な事情を抱え、盗みをしながらストリートで暮らす中山優馬ら5人の少年が、ある日『PLAYZONE』の舞台を観て、ミュージカルスターを目指し始める。同じオーディションで合格した森本慎信太郎と共に、スターを目指して研鑽を積む彼らを、今井、屋良朝幸、A.B.C.-Zのメンバーたちは温かくも厳しい目で見つめていた。しかし、初日を目前にしたある日、少年の一人が傷害の疑いで逮捕されてしまい……。

劇中劇でも実際でも、座長としての風格たっぷりに歌とダンスを披露する今井。さらに仲間思いの青年を演じる中山、今井を支える頼もしい兄貴的存在の屋良、5人それぞれのキャラを生き生きと演じるA.B.C.-Zと、出演者全員がおのおのの持ち味を出し合い、作品世界を作り上げる。

さらに注目は、マイケル・ジャクソン主演「This in It」も話題の振付家Travis Payneによるクールかつパワフルなダンスの数々。ダンスが得意な今井が、難易度の高い振付も軽々と、実に楽しそうに踊っているのが印象的だった。

東京公演は8月1日(日)まで青山劇場にて、大阪公演は8月14日(土)から22日(日)まで梅田芸術劇場にて。

インフォメーション

東京公演

大阪公演

8月14日(土)〜22日(日)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール
・料金=全席指定S席8,500円/A席6,300円
・お問い合わせ=プレゾン事務局 TEL.0180-993-700(24時間音声サービス)

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2273