劇団四季『美女と野獣』が新劇場で開幕 - 2010年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
劇団四季『美女と野獣』

95年に日本初演され、東京では13年ぶりの上演となるディズニーミュージカル『美女と野獣』。大井町に建てられた劇団四季10番目の専用劇場、四季劇場[夏]のこけら落とし作品としても注目の同作が、7月11日(日)に開幕した。それに先駆けて7日、ゲネプロが行なわれた。

アラン・メンケン作曲のおなじみの楽曲が流れると、アニメから飛び出してきたかのようなキャラクターたちが、生き生きと登場。物語の世界に憧れる少し風変わりな少女ベルと、魔法の力で野獣の姿に変えられてしまった王子様が、コッグスワース、ルミエール、ポット夫人ら召使いたちの協力により、互いの距離を縮めていく。しかし、ベルに一方的な思いを寄せる村の男・ガストンの悪だくみにより、事態は思わぬ方へ展開し……。

ロマンティックなストーリーはもちろんのこと、迫力のダンスやコメディー要素が多いのも本作の魅力。さらに「これは本当に魔法なのでは?」と思ってしまうような、マジカル&ファンタジックな演出にも注目だ。

現在、11月30日(火)公演分まで発売中。8月7日(土)より2011年3月31日(木)までの追加公演分を一般発売。

劇団四季『美女と野獣』2
 
劇団四季『美女と野獣』3
劇団四季『美女と野獣』4

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2279