帝国劇場開場100周年記念公演が決定 米倉涼子主演『風と共に去りぬ』、井上芳雄・橋本さとし・石井一孝主演ミュージカル『三銃士』などが上演 - 2010年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

1911年3月1日に開場し、来年100周年を迎える帝国劇場。東宝は15日、2011年の記念公演ラインアップを発表した。人気作、名作、新作の3つの柱をテーマに、合計9作品が上演される。

6・7月は、東宝舞台に初登場となる米倉涼子を主演に迎え『風と共に去りぬ』をストレートプレイとして上演。マーガレット・ミッチェルの名作長編小説を原作とし、ビビアン・リー主演の映画版などでも広く知られている本作だが、舞台版は、66年の同劇場新装開場の際に、菊田一夫製作・脚本・演出により世界初演された。以来、再演が重ねられている名作だが、ストレートプレイでの上演は、大地真央が主演した87年以来、24年ぶりとなる。共演は、レット・バトラー役の寺脇康文、アシュレー役の岡田浩暉、メラニー役の紫吹淳が決定している。

7・8月は、ミュージカル『三銃士』を上演。映画やテレビドラマ、人形劇など、さまざまな形で広く愛されるているデュマの文学作品で、ミュージカル版は03年にオランダ・ロッテルダムで初演され、05年にドイツ・ベルリンで上演された。ダルタニャン役の井上芳雄、アトス役の橋本さとし、アラミス役の石井一孝ほか、実力派メンバーがそろうキャスティングとなっている。

10月は、谷崎潤一郎の名作を舞台化した『細雪』を上演。66年、東京・日比谷の芸術座で初演されて以来、上演回数は1364回を数え、東宝の演劇作品の看板の一つとなっている本作。今回、四姉妹を演じるのは、高橋惠子(長女・鶴子)、賀来千香子(次女・幸子)、水野美紀(三女・雪子)、中越典子(四女・妙子)だ。

そのほか、滝沢秀明主演『新春 滝沢革命』(1月)、堂本光一主演『SHOCK』(2・3月)、亀梨和也主演『DREAM BOYS』(9月)といった、ジャニーズ事務所所属タレントらの主演の人気作や、ミュージカル作品の『レ・ミゼラブル』(4〜6月)、『ニューヨークに行きたい!』(11月)、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』(12月)を上演予定。

インフォメーション

グランド・ロマン『風と共に去りぬ』

【スタッフ】原作=マーガレット・ミッチェル 脚本=菊田一夫 潤色=堀越真 演出=山田和也
【キャスト】米倉涼子/寺脇康文/岡田浩暉/紫吹淳 ほか

2011年6月18日(土)〜7月10日(日)
・会場=帝国劇場
・チケット一般発売=4月23日(土)開始予定
・料金=全席指定S席12,500円/A席8,000円/B席4,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3213-7221

ミュージカル『三銃士』

【スタッフ】原作=アレクサンドル・デュマ 音楽・歌詞=ロブ・ボーランド&フェルディ・ボーランド 脚本=アンドレ・ブリードランド 演出=山田和也
【キャスト】井上芳雄/橋本さとし/石井一孝/岸祐二/シルビア・グラブ/和音美桜/吉野圭吾/伊藤明賢/今拓哉/坂本健児/瀬奈じゅん/山口祐一郎

2011年7月17日(日)〜8月26日(金)
・会場=帝国劇場
・チケット一般発売=5月開始予定
・料金=全席指定S席12,500円/A席8,000円/B席4,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3213-7221

『細雪』

【スタッフ】原作=谷崎潤一郎 脚本=菊田一夫 潤色=堀越真 演出=水谷幹夫
【キャスト】高橋惠子/賀来千香子/水野美紀/中越典子/篠田三郎/磯部勉/太川陽介/新藤栄作/橋爪淳

2011年10月5日(水)〜22日(土)
・会場=帝国劇場
・チケット一般発売=8月開始予定
・料金=全席指定S席12,000円/A席7,500円/B席3,500円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3213-7221

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2285