宝塚歌劇団 雪組トップ音月桂の大劇場お披露目は『ロミオとジュリエット』 愛原実花退団後のトップ娘役の後任置かず - 2010年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は23日、雪組次期トップスター音月桂主演のミュージカル『ロミオとジュリエット』を、来年1〜3月に宝塚大劇場と東京宝塚劇場で上演することを発表した。

同作は、月組の柚希礼音と夢咲ねね主演で今月、梅田芸術劇場で上演されたもの。音月の大劇場お披露目公演となる今回は、フィナーレを盛り込んだ「大劇場バージョン」として上演される。

なお、同組トップ娘役の愛原実花が、『ロジェ』、『ロック・オン!』の千秋楽となる9月12日付けで退団することが決定しているが、同劇団は、後任となる固定的なトップ娘役は当面の間設けず、公演ごとに柔軟な配役を行うとしている。このため、音月のトップお披露目公演となるミュージカル『はじめて愛した』のヒロイン役には愛加あゆ。『ロミオと〜』のジュリエット役は、舞羽美海と夢華あみのダブルキャストで送る。そして、専科の轟悠主演のミュージカル『オネーギン』には舞羽が相手役を務める。

また、花組の未涼亜希が10月18日付で雪組に異動することが発表された。花組での出演は『麗しのサブリナ』『EXCITER!!』の10月17日の千秋楽が最後となり、来年1月の『ロミオと〜』から雪組の舞台に立つ。

インフォメーション

【宝塚大劇場・東京宝塚劇場公演】

●雪組
ミュージカル『ロミオとジュリエット』
原作=ウィリアム・シェイクスピア 作=ジェラール・プレスギュルヴィック 潤色・演出=小池修一郎
出演=音月桂/舞羽美海・夢華あみ(Wキャスト) ほか
・宝塚大劇場:2011年1月1日(土)〜1月31日(月)
11月20日(土)前売開始
・東京宝塚劇場:2011年2月17日(木)〜3月20日(日)
1月16日(日)前売開始

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2304