地球ゴージャス最新作『X day』開幕! - 2010年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
左から藤林美沙、中川晃教、岸谷五朗、寺脇康文、森公美子、陽月華

▲左から藤林美沙、中川晃教、岸谷五朗、寺脇康文、森公美子、陽月華

岸谷五朗と寺脇康文による企画ユニット・地球ゴージャスの最新作『X day』が、7月16日に天王洲 銀河劇場で開幕した。

近年は30〜40人のキャストによる、大規模なエンターテインメント作品を上演してきた同ユニット。しかし今作は、岸谷、寺脇のほか、ミュージカルでも活躍する森公美子、中川晃教、元宝塚歌劇団娘役トップの陽月華、出演だけでなく振付も手掛ける藤林美沙と6人の少数精鋭で送る。初日前日に行われた会見で岸谷が「6人でも大人数と同じパワーが出せる作品を目指した」と語った通り、キャスト自身がそれぞれの持ち味である歌や踊りはもちろん、ピアノ演奏や小道具を使用した効果音など、演技以外の部分もこなし、一丸となって作品を作り上げていた。

全員で音を鳴らすといったパフォーマンスシーンも見どころ

▲全員で音を鳴らすといったパフォーマンスシーンも見どころ

地球ゴージャスならではのコミカルなシーンも健在

▲地球ゴージャスならではのコミカルなシーンも健在

物語は5名の男女のエピソードがオムニバスでつづられ、最終的に彼らがとあるバーに集い、“新たな人生の一歩を踏み出す日=X day”を迎えるというもの。客演の4人が「これまで演じたことのない役にドキドキしている」と口をそろえるように、今までとは違うそれぞれの顔が観られるのも見どころの一つとなっている。

会見での主なコメントは以下の通り。

岸谷五朗
ようやく本番を迎えることができて、お客さまに観ていただけるのが本当に楽しみです。曲は鳥肌が立つようなものができたと思っていますし、全体を通してもゴージャスにとって新しい形のエンターテインメントができました。

寺脇康文
今までにないゴージャスの色をお見せできると思います。今回僕らは“パフォーマー”として、役を演じるだけでなく、裏方や楽器演奏者にもなる。舞台の裏側まですべて観せちゃう感じですね。

中川晃教
稽古場の雰囲気もすごく和やかで、こんなに楽しくていいんだろうかってぐらいでした。本番が始まっても、日々楽しい空気を感じながら、新しい自分を発見していきたいと思います。

陽月華
役もパフォーマンスも、自分がやったことのないことをたくさんやっているので、一つひとつの場面で違う色を見せることができると思います。毎日成長できるように頑張ります。

藤林美沙
生のライブのすごさをたくさん伝えられる作品になっています。お客さんを巻き込んでいけるようなエンターテインメントになっていますので、存分に楽しんでいただけたらと思います。

森公美子
今回、私がメインで演じる役はまったく笑わせません! 違う自分を発見できるチャンスをいただけて本当に感謝しています。今までの私とは一味違うので楽しみにしていただければと思います。

東京公演は8月8日まで。その後、札幌、仙台、福岡、名古屋、新潟、大阪公演あり。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2303