坂本昌行主演『Pal Joey』製作発表会 - 2010年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

10月に青山劇場、大阪・シアターBRAVA!で上演される、ブロードウェイミュージカル『Pal Joey』の製作発表が行われた。リチャード・ロジャース(作曲)&ローレンツ・ハート(作詞)のコンビにより製作された『Pal Joey』は、1940年のブロードウェイ初演以来、たびたび上演されている人気作。57年にはフランク・シナトラ主演で映画化もされている(邦題「夜の豹」)。近年では、08年にリチャード・グリーンバーグ脚色により限定公演として上演され、キャストの一人であるMartha Plimptonがトニー賞にノミネートされるなど話題を呼んだ。

自分の店をもつという夢があるクラブシンガーのジョーイ・エヴァンス(坂本)と、彼の元恋人でナイトクラブのスター歌手グラディス・バンプス(彩吹真央)、田舎から出て来たばかりの純真な女性リンダ・イングリッシュ(桜乃彩音)、大富豪夫人のヴェラ・シンプソン(高畑淳子)ら、タイプの異なる3人の女性たちがシカゴで出会い、ジョーイを軸に、それぞれの想いをめぐらせる……。

翻訳・訳詞・演出の吉川徹を始め、主演舞台『アリバイのない天使』を終えたばかりの坂本、宝塚歌劇団退団後初の本格的舞台作品となる彩吹、桜乃、また久々のミュージカル出演となる高畑が登壇し、意気込みを語った。

坂本昌行 ジョーイ・エヴァンス役
ジョーイは自分とは真逆のタイプです。周りにもプレイボーイがいないので、どう演じようかと(笑)。ただ、ジョーイは男らしさの中にもかわいらしさを感じさせるところがある人物ですし、女性をただ出玉にとるんじゃなく、野心家の部分もあって、僕もそういう人物になれたらいいなと思います。(久々のミュージカル作品への出演について)歌と踊りと芝居が大好きなので、それがすべてそろっているミュージカルは、僕にとって手離したくない、大事なものです。僕、舞台って緊張しないんですよ。舞台でスポットライトに当たると、むしろリラックスするんです(笑)。

彩吹真央 グラディス・バンプス役
16年間男役を演じていましたが、一人の人間を演じるという点では、これまでの舞台と変わりません。だから役に対する恐れなどはないのですが、そうはいっても女性としての見せ方は研究しないと、と思ってます(笑)。(役との共通点は?という質問に)グラディスはクラブシンガーなので、歌と踊りが好きなんですよね。そういうところと、それを人に喜んでいただきたいと思っているところ、あと夢を大切にする心をもっているところがある。そういう部分は、こういうなりわいをしている自分と共通しているなと思います。

桜乃彩音 リンダ・イングリッシュ役
宝塚歌劇団を卒業して2カ月が経ちますが、早くこの『Pal Joey』の稽古が始まらないかとわくわくしていました。宝塚在団中は、彩吹さんの妻役を演じたことが何度かあるのですが、今回は恋のライバル役(笑)。尊敬する先輩ですが、今回はライバルとしてがんばりたいと思います。

高畑淳子 ヴェラ・シンプソン役
大丈夫かな……と思っています、私が。(会場、笑)皆さん歌と踊りが抜群の方たちなので、魚を売る役とかだったらいいけど、大丈夫かしら……。(役との共通点は?という質問に)私も大人になってちゃんとした会席に行くこともあるんですが、その帰りにはなぜか焼き鳥屋とか二丁目に寄りたくなるんですよね(笑)。ヴェラもそういうふうに、上っ面の美辞麗句で飾られた上流社会に疲れて、グラディスたちのクラブを訪れたのかも。そういうところは、自分と似ているかなと思います。

吉川徹(翻訳・訳詞・演出)
この作品は、ジャズな男と女の物語です。『王様と私』『サウンド・オブ・ミュージック』なども手掛けたリチャード・ロジャースですが、彼の作品とは思えないほど、ちょっと雰囲気が違う作品。人がジャズとして生きる、その生き様の魅力が描かれた作品なんです。タイプの違う女性3人の魅力と、超プレイボーイでありつつも子供っぽさがあるジョーイの、大人の世界の面白さを楽しんでいただけたら。

インフォメーション

ブロードウェイミュージカル
『Pal Joey』

【スタッフ】翻訳・訳詞・演出=吉川徹 振付=リチャード・ピークマン
【キャスト】坂本昌行/彩吹真央/桜乃彩音/高畑淳子 ほか

東京公演
2010年10月2日(土)〜17日(日)
・会場=青山劇場
・お問い合わせ=サンライズプロモーション東京 TEL.0570-00-3337

大阪公演
2010年10月22日(金)〜24日(日)
・会場=シアターBRAVA!
・お問い合わせ=キョードーインフォメーション TEL.06-7732-8888

各会場とも
・チケット発売=8月7日(土)前売開始
・料金=全席指定SS席12,000円/S席11,000円/A席9,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2316