高村薫の小説「マークスの山」が上川隆也主演でテレビドラマ化 10月7日よりWOWOWで放送決定 - 2010年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

高村薫の直木賞受賞作「マークスの山」が、上川隆也主演でテレビドラマ化されることが決定。10月17日(日)よりWOWOWで放送開始予定だ。

原作は「レディ・ジョーカー」などで知られる、作家・高村薫の社会派ミステリー。93年に刊行され、直木賞を受賞するほか、「このミステリーがすごい!国内1位」「週刊文春ミステリーベスト10第1位」を獲得し、100万部超を売り上げたベストセラーだ。95年に中井貴一と萩原聖人の主演で映画化されたが、テレビドラマ化は今回が初となる。

キャスティングは、捜査一課七係警部補・合田雄一郎役に上川隆也が決定。そのほかの配役は公式サイトにて、1日につき1名、23日間にわたって発表予定となっており、現在、「週刊潮流」記者・根来麻美役の小西真奈美、東京地検特捜部検事・加納祐介役の石黒賢の出演が明らかになっている。

東京・目黒区で起こった元暴力団員・畠山の殺害事件と、王子で起こった法務省官僚・松井の殺害事件。2つの事件は、その傷口が酷似しており、連続殺人と思われたが、警察上層部からは「合同捜査はなし」という不可解な命令が下る。捜査が難航する中、秘密を握る「マークス」と名乗る謎の青年が捜査線上に浮上する……。

WOWOWにて10月17日(日)22:00より放送予定(全5話)。

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2335