D-BOYS公演『ラストゲーム』 中村優一が降板 - 2010年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

8月26日に開幕するD-BOYS公演『ラストゲーム』に出演予定だった中村優一が、かねてからの持病であった腰痛が悪化したため、降板することになった。

中村本人の出演の意思は強く最後まで可能性を探っていたが、本作は激しい運動シーンを伴うため、やむを得ず降板を判断したという。

代役は鈴木裕樹が務める。詳細は公式サイトを参照。


中村優一からのメッセージ

このたびは、皆さまに、ご迷惑とご心配をおかけして本当に申し訳ありません。
舞台『ラストゲーム』を楽しみにしてくださっている皆さま、僕の演じる笠井和也役に期待してくださった皆さま。僕自身、皆さまの期待に必ず応えたいという思いで頑張ってきましたが、このような判断になり、とても悔しい気持ちです。

僕に代わり、笠井役は鈴木に託すことになりました。
キャスト、スタッフの皆さんにもご迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ないと思っています。
瀬戸、鈴木をはじめ、キャストのみんなが一丸となって頑張っていきますので、どうか引き続き応援よろしくお願いします。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2425