ミュージカル『黒執事 千の魂と堕ちた死神』のスクリーン上映が決定 - 2010年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

人気コミックの舞台化第2弾『黒執事 −The Most Beautiful DEATH in The World− 千の魂と堕ちた死神』が、9月4日(土)より全国の映画館で上映されることが決定。キャストたちのしぐさや表情など細かな演技を、多彩なアングルで映し出す大画面と、上映用にアレンジされた迫力のある音響で、“半生執事”が楽しめる。

同作は、枢やな(とぼそ・やな)が「月刊 Gファンタジー」に連載するコミックが原作。19世紀後半、ヴィクトリア朝時代の英国を舞台に、名門貴族・ファントムハイヴ家の若き当主、シエル・ファントムハイヴと、彼に仕える“すべてにおいて完璧な執事”セバスチャン・ミカエリスが、女王の命を受け「裏」の仕事を請け負い活躍するファンタジー作品だ。

舞台版第1弾『黒執事 —その執事、友好—』は、昨年5月に池袋・サンシャイン劇場で上演。第2弾公演となる本作では、執事・セバスチャン役を、シンガーの松下優也が続投。そして、シエル役では、第5回D-BOYSオーディション・準グランプリの西井幸人が初舞台に挑戦した。スタッフ陣には脚本・構成・作詞に岡田麿里、音楽に岩崎琢とテレビアニメ版のメンバーを迎え、作詞・作詞プロデュースに森雪之丞が参加している。

9月4日(土)から新宿バルト9にて上映開始。9月11日(土)以降、全国の映画館にて順次上映される。各地の上映スケジュールは公式サイトを参照。

10月27日(水)には、本作のDVDも発売予定となっている。

インフォメーション

ミュージカル『黒執事 −The Most Beautiful DEATH in The World− 千の魂と堕ちた死神』

【スタッフ】原作=枢やな(掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊) 脚本・構成・作詞=岡田麿里 演出・構成=福山桜子 音楽=岩崎琢 作詞・作詞プロデュース=森雪之丞
【キャスト】松下優也/西井幸人/佐伯太輔/松本慎也/植原卓也/永岡卓也/岩崎大/南翔太/猪狩敦子/和泉宗兵/藤田玲/伊勢直弘/青木隆敏 ほか

2010年9月4日(土)から新宿バルト9ほか、全国映画館にて順次公開

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2429