松たか子が双子の兄妹の一人二役に挑戦 串田和美演出『十二夜』来年1月公演決定 - 2010年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

2011年1月、Bunkamuraシアターコクーンにて松たか子主演、串田和美演出の舞台『十二夜』が上演される。

オンシアター自由劇場の面々が再結集し、16年ぶりの再演が実現した『上海バンスキング』に、農民ラップを渋谷に響かせたコクーン歌舞伎『佐倉義民傳』と、今年のシアターコクーンを沸かせた串田和美が、2011年の幕開けに手掛けるのは、シェイクスピアのロマンティック・コメディー『十二夜』だ。

主演の松たか子は、双子の兄妹の一人二役に挑戦。串田とのタッグは05年の『コーカサスの白墨の輪』以来、約6年ぶりとなる。

共演者には、串田演出に初参加となる石丸幹二とりょうのほか、荻野目慶子、笹野高史、現代劇に初出演となる片岡亀蔵らが登場。さらに、大森博史、真那胡敬二をはじめとするオンシアター自由劇場のメンバーも集う。

船の遭難で離ればなれになった双子の兄妹の周りでこんがらがっていく複雑な片思いの糸。シニカルないたずらやばか騒ぎのあげく、劇的に糸が解けてハッピーエンドというストーリーだが……。串田の手による潤色・演出・美術・衣裳と、豪華なキャスト陣。そして、音楽と笑いとウィットを盛り込んで上質な喜劇が展開される。

インフォメーション

『十二夜』

【スタッフ】作=W・シェイクスピア 翻訳=松岡和子 潤色・演出・美術・衣裳=串田和美 音楽=つのだたかし
【キャスト】松たか子/石丸幹二/りょう/荻野目慶子/大森博史/真那胡敬二/小西康久/酒向芳/内田紳一郎/片岡正二郎/目黒陽介/小春/片岡亀蔵/串田和美/笹野高史

2011年1月4日(火)〜1月26日(水)
・会場=Bunkamura シアターコクーン
・一般発売=10月30日(土)開始
・料金=全席指定S席9,500円/A席7,500円/コクーンシート5,000円
・お問い合わせ=Bunkamura TEL.03-3477-3244(10:00〜19:00)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2431