人気少女コミック「メイちゃんの執事」の舞台化も 宝塚歌劇団 星組のラインアップが決定 - 2010年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は19日、来年1〜2月に行われる星組公演のラインアップを新たに発表した。

トップコンビ柚希礼音&夢咲ねね率いるチームは、中日劇場にて『愛するには短すぎる』『ル・ポァゾン 愛の媚薬II』を上演。『愛するには〜』は、06年に湖月わたる主演で初演されたミュージカルで、船上という限られた場所、4日間という限られた時間の中で起こった束の間の恋を描いた物語だ。『ル・ポァゾン〜』は岡田敬ニ作・演出によるロマンチック・レビューシリーズの代表作の一つで、90年に月組トップコンビ剣幸&こだま愛の退団公演として好評を博した人気作。ファン待望の再演となる。

一方、宝塚バウホール及び日本青年館には、人気少女コミックを原作とした新作『メイちゃんの執事 —私(わたくし)の命に代えてお守りいたします—』(仮題)が登場。大富豪「本郷家」の跡取りであることが判明した女の子・メイと、超優秀執事たちとの奇妙な生活を、若手スター・紅ゆずるの主演で描く。

インフォメーション

【中日劇場公演】

星組
ミュージカル『愛するには短すぎる』
ミュージカル・レビュー『ル・ポァゾン 愛の媚薬II』

【スタッフ】『愛するには〜』原案=小林公平 脚本・演出=正塚晴彦 『ル・ポァゾン〜』作・演出=岡田敬ニ
【キャスト】柚希礼音/夢咲ねね ほか

2011年2月1日(火)〜24日(木)
・一般前売=2010年12月4日(土)開始
・料金=全席指定A席7,500円/B席6,000円


【宝塚バウホール/東京特別公演】

星組
バウ・ミュージカル
『メイちゃんの執事 —私(わたくし)の命に代えてお守りいたします—』
(仮題)

【スタッフ】原作=宮城理子(集英社「マーガレット」連載中) 脚本・演出=児玉明子
【キャスト】紅ゆずる ほか

宝塚バウホール公演
2011年1月29日(土)〜2月8日(火)
・一般前売=2010年12月18日(土)開始
・料金=全席指定5,000円

東京特別公演(日本青年館)
2011年2月15日(火)〜21日(月)
・一般前売=2010年1月9日(日)開始
・料金=全席指定S席6,500円/A席5,000円

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2435