大竹しのぶ、段田安則ら出演のコメディー シス・カンパニー公演『大人は、かく戦えり』が来年1月に上演決定 - 2010年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

来年1月のシス・カンパニー公演『大人は、かく戦えり』が決定した。

本作(英訳タイトル『God of Carnage』)は、フランスの人気劇作家、ヤスミナ・レザによるコメディーで、09年のローレンス・オリヴィエ賞のプレイ部門・最優秀コメディー賞を受賞。同年のトニー賞でも、プレイ部門・最優秀作品賞に加え、主演女優賞と演出賞に輝いた傑作だ。

舞台は、子どものけんかの後始末をするために集まった二組の夫婦が、話し合いを進めるうちに本題からはずれ、互いの結婚生活の危うさを露呈していく姿をつづる会話劇。演出を手掛けるのはマギー。出演には、大竹しのぶ、段田安則、秋山菜津子、高橋克実の実力派がそろった。

2011年1月に新国立劇場 小劇場にて上演予定。2月上旬には名古屋と大阪での公演が予定されている。


【関連記事】

» 2009年トニー賞 『リトル・ダンサー』が圧勝
» 2009年ローレンス・オリヴィエ賞が決定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2446