イープラスでフラッシュマーケティング方式によるチケット割引販売を実施 - 2010年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

チケット販売サービスの「e+(イープラス)」では、フラッシュマーケティング方式によるエンターテインメント・チケットの時限割引販売を、8月30日(月)より開始した。

「フラッシュマーケティング」とは、タイムセールと共同購入を組み合わせて割引販売を行う新しい集客方法で、オーダー数が、一定時間内に、あらかじめ告知された最低販売枚数に到達すれば、割引が有効となるというもの。アメリカで人気のサービス形式となっており、最近では、日本国内でも旅行業や飲食業で実施され始めている。

第1弾として、東京バレエ団『ジゼル』のゆうぽうとホール9月8日(水)・9日(木)の2公演のチケットの受付が行われる。8月30日(月)12:00より24時間限定で受付を行い、各日55枚以上のオーダーが集まれば、11,000円のA席チケットが、半額の5,500円で販売される。

また、第2弾として、コンサート「東儀秀樹×古澤巌(vn)」(Bunkamura オーチャードホール・9月10日)も予定されている。9月2日(木)12:00より24時間限定で受付を行い、50枚以上のオーダーが集まれば、7,500円のS席チケットが4,000円で販売される。

オーダーの状況は受付時間中に、イープラスのウェブサイトと、Twitterアカウントで告知される。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2460