宮沢章夫3年ぶりの新作『ジャパニーズ・スリーピング/世界でいちばん眠い場所』 10月、座・高円寺にて上演 - 2010年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宮沢章夫が主宰する劇団「遊園地再生事業団」の、『ニュータウン入口』(07年)以来、約3年ぶりの新作となる『ジャパニーズ・スリーピング/世界でいちばん眠い場所』が、10月に座・高円寺で上演される。

今年、遊園地再生事業団結成から20年目という節目の年に上演される本作は、“眠り”をテーマとした作品。「眠いってなんのことですか? どんな気持ちでしたっけ? どんなふうに人は眠くなるんですか?」——“眠い”という感覚を思い出せなくなってしまった男や、不眠症の女など、睡眠障害を抱えた人々が織り成す物語が、5月に行われたリーディング公演からのブラッシュアップを経て舞台に登場する。

本作ではお笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうも参加。作・演出を手掛ける宮沢は「“俳優のやついいちろう”を見てもらいたいのだ。というのも、リーディング公演をやって感じたのは、この人の俳優としての魅力であった。それがもっと出てくるといい」と語っている。

インフォメーション

遊園地再生事業団#17
『ジャパニーズ・スリーピング/世界でいちばん眠い場所』

【スタッフ】作・演出=宮沢章夫
【キャスト】上村聡/田中夢/牛尾千聖/岡野正一/川口聡/山村麻由美/伊沢磨紀/やついいちろう

2010年10月15日(金)〜24日(日)
・会場=座・高円寺1
・チケット発売中
・料金=全席指定4,500円
・お問い合わせ=遊園地再生事業団 http://www.u-ench.com/MAIL.ticket@u-ench.com

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2465