モモンガ・コンプレックスが横浜市立野毛山動物園でパフォーマンス 『ずうずうしい、です。』 - 2010年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

横浜市の「急な坂スタジオ」が、9月25日(土)・26日(日)に、同市の野毛山動物園との共催企画『ずうずうしい、です。』を上演する。

これは、動物園ツアーと、白神ももこ主宰の「モモンガ・コンプレックス」によるパフォーマンス公演がセットになった企画で、前身となったのは、同動物園でエドワード・オールビーの『動物園物語』を上演するという、中野成樹+フランケンズ公演『Zoo Zoo Scene(ずうずうしい)』だ。

“みる”人間と“みられる”動物という動物園の構造に、“みられる”人間を配置するというこの企画。今年は、人間の操る“ことば”でなく、動物と同様に“からだ”をみせるモモンガ・コンプレックスのパフォーマンス公演となった。

公演は各回限定50名となっており、ガイド付きの動物園ツアーの後、モモンガ・コンプレックスによるパフォーマンスを上演するという構成。その後、ゲストを招いてのポストパフォーマンストークも行われる。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2495