「フェスティバル/トーキョー11」より「公募プログラム」がアジア地域へ募集拡大 アワードも創設へ - 2010年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

今年開催される「フェスティバル/トーキョー10(F/T10)」より、新たに立ち上げられた「F/T公募プログラム」。若手アーティスト・カンパニーの自主公演のサポートを目的としたのもので、F/T09春・秋で企画された「演劇/大学」の発展系。若手の創り手がフェスティバルへ主体的に参加し、次のステップに進むための機会として、F/Tが稽古場や会場費の負担、作品への批評など、さまざまな側面からサポートを行う。

来年2011年秋に開催予定の「F/T11」では、この「公募プログラム」が進化・拡大。国内だけでなく、アジア地域に開かれたプログラムとなり、作品創作・批評(評価)・流通が行われるプラットフォームを目指すという。プログラム募集要項は公式サイトを参照。

また、同プログラム内で上演されたすべての作品のうち、新しい価値の創造に取り組む優秀な作品・アーティストに対しては「F/Tアワード(仮)」が授与される予定。受賞者は翌年のフェスティバルで主催作品として作品を上演することができる。アワードの詳細については12月に発表予定。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2555