福岡の「キャナルシティ劇場」が11月30日にオープン - 2010年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

劇団四季が5月に撤退した後、改修工事を行っていた「福岡シティ劇場」が「キャナルシティ劇場」へ名称を変更し、11月30日(火)にオープンする。

11月30日(火)、12月1日(水)には第1弾のプレオープン公演として、長野博・佐藤江梨子主演の『りんご 木村秋則物語』を上演。

本格的なオープンは12月3日(金)に開幕する、中井貴一・市原隼人主演の『カーディガン』からとしており、その後も同月には、14日(火)には平幹二朗主演『アントニーとクレオパトラ』、27日(日)には井上芳雄と中越典子の朗読劇『LOVE LETTERS』が、1月には大杉漣&佐々木蔵之介出演『抜け穴の会議室、2月には森田剛主演『金閣寺』が上演予定。来年春の九州新幹線全線開通に向け、芝居・ミュージカルだけでなく、コンサートや伝統芸能、ダンスなど多彩な公演を提供していく。

同劇場は、96年に複合商業施設のキャナルシティ博多に、全国初の劇団四季常設専用劇場としてオープン。近年は動員が振るわず今年5月のミュージカル『エビータ』を最後に、同劇団は撤退をしていた。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2598