堺雅人主演のスペシャルドラマ「ニセ医者と呼ばれて」が今冬放送決定 - 2010年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

堺雅人が主演を務めるスペシャルドラマ「ニセ医者と呼ばれて 沖縄・最後の医介輔(いかいほ)」がこの冬、読売テレビ・日本テレビ系列で放送される。

「医介輔」とは、戦争のため沖縄の医師が、わずか64名まで激減してしまったことから、アメリカ(琉球列島米国政府)が創設したもので、医師免許を持たずとも条件付きで、医師による医療が行き届かない地域での医療行為が認められるという制度。正式な医師でないため、時には「ニセ医者」と偏見や差別にさらされることもあったが、それでも、沖縄のへき地や離島に住む人々のため、地域医療を地道に支え続けた。

本作は、08年に87歳で引退した実在の医介輔・宮里善昌さんをモデルとしたテレビドラマ。舞台は59年、アメリカ統治下の沖縄。堺が演じる宮前良明は、満足な薬も医療設備も持てないという立場にジレンマや無力感を抱えながらも、米軍基地のある村で、病やケガに苦しむ村の人々のために診療を続ける医介輔。彼を献身的に支える妻・ハナを寺島しのぶが演じる。

ある日、近くに住む漁師の妻が診療所にやって来て、自身の妊娠を告げる。しかし、彼女は3カ月前に米兵にレイプされ、お腹にいる子が夫の子か米兵の子か分からないという。警察にも夫にも相談できず苦しむ彼女に、戦場で死んでいった多くの戦友を見てきた良明は、「私には堕ろせとは言えない。できれば産んでほしい」と告げるが……。医介輔と患者の、深いきずなや信頼関係を軸に、戦後沖縄の現実を描く感動のヒューマンドラマになっている。

インフォメーション

ヒューマンドラマスペシャル
「ニセ医者と呼ばれて 沖縄・最後の医介輔」

【キャスト】堺雅人/尾野真千子/阿部力/今井雅之/津川雅彦/寺島しのぶ ほか

読売テレビ・日本テレビ系列:今冬放送予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2613