宝塚歌劇団 花組トップスターの真飛聖が退団 - 2010年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は20日、花組トップスターの真飛聖が、来年4月24日(日)の東京宝塚劇場公演『愛のプレリュード』『Le Paradis!!(ル パラディ)』の千秋楽をもって退団することを発表。21日に大阪市内で記者会見が開かれた。

退団を決意したきっかけについては「本当に心の底から花組を、宝塚を愛して、男役というものを本当に素直に演じ、楽しめている気持ちに自分で気付いた時に“今だな”と思いました」と打ち明けた。

ファンに対しては「真飛聖という男役を愛して、いつどんな時でも信じてついてきてくれたファンのみんながいてくれたからこそ今の私はあります。最後までついてきて良かったと思える宝塚の生徒として務めていきたいと思います」とメッセージを送った。

退団後の進路については未定だという。

サヨナラ公演は、宝塚大劇場で2011年2月4日(金)から3月7日(月)まで、東京宝塚劇場で3月25日(金)から4月24日(日)まで。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2631