12月17日の「金曜ロードショー」で劇団四季オールキャストによる映画「オペラ座の怪人」日本語吹き替え版を放送 - 2010年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

劇団四季が、日本テレビと共同で、映画「オペラ座の怪人」の日本語吹き替え版を制作。12月17日(金)の「金曜ロードショー」で放送されるとこが決定した。

映画版「オペラ座の怪人」は、舞台版の作曲を手掛けたアンドリュー・ロイド=ウェバー自身による製作、ジョエル・シュマッカーの監督で04年に公開。日本では興行収入42億円を記録するヒット作となった。

同劇団では、同作の舞台版を88年より上演し続け、総公演回数5,200回、総入場者数500万人以上を記録。今や同劇団の代表作の一つとなっている。今回の吹き替え版は、同劇団が「制作監修」を行い、ボイスキャストもすべて劇団の俳優が担当した。

インフォメーション

金曜ロードショー特別版
映画「オペラ座の怪人」(04年)

【スタッフ】製作・作曲・脚本=アンドリュー・ロイド=ウェバー 監督・脚本=ジョエル・シュマッカー
【キャスト】ジェラルド・バトラー(ファントム:高井治)/エミー・ロッサム(クリスティーヌ:沼尾みゆき)/パトリック・ウィルソン(ラウル:佐野正幸) ほか

日本テレビ:12月17日(金)21:00放送予定

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2634