アメリカの脚本家ジョセフ・スタインさんが死去 - 2010年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

アメリカの脚本家、ジョセフ・スタインさんが24日、ニューヨーク市内で死去したことが分かった。98歳だった。死因は不明だが、家族によると、転倒して頭の骨を折っていたという。

12年、ニューヨーク生まれ。37年にコロンビア大学で修士号を取得し、45年までソーシャルワーカーを務めた後、48年にブロードウェイで脚本家としてデビューを果たす。64年に初演され、トニー賞脚本賞を受賞したミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』をはじめ、数々の作品を生み出した。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2648