11年の最新作も上映 Livespire「ワールドクラシック@シネマ2011」ラインアップが決定 - 2010年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

高画質・高音質な映像を駆使し、舞台作品を映画館で上映する「Livespire」。そのプログラムの一つで、ヨーロッパ各地の有名オペラハウスやバレエ団の公演を上映する「ワールドクラシック@シネマ2011」のラインアップが決定した。

今回は新たに、フランス「パリ・オペラ座」、ロシア「ボリショイ・バレエ」、ドイツ「バーデンバーデン祝祭劇場」と、日本でも人気のバレエ団やオペラハウスの公演が加わった。さらに、これから上演される11年の最新作もラインアップされている。

これら計8作品が、2011年春より、新宿バルト9ほか全国の映画館にて順次上映予定だ。

インフォメーション

Livespire
「ワールドクラシック@シネマ2011」

【オペラ】

■ミラノ・スカラ座(イタリア)
『カルメン』(09年)
『シモン・ボッカネグラ』(10年)
■バーデンバーデン祝祭劇場(ドイツ)
『ばらの騎士』(09年)
■グラインドボーン音楽祭(イギリス)
『ドン・ジョヴァンニ』(10年上演)

【バレエ】

■ロイヤル・バレエ(イギリス)
『ロメオとジュリエット』(10年上演)
■ボリショイ・バレエ(ロシア)
『白鳥の湖』(10年上演)
『クラスコンサート』『ジゼル』(11年上演予定)
■パリ・オペラ座(フランス)
『コッペリア』(11年上演予定)

2011年春より、新宿バルト9ほか全国の映画館にて順次上映予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2675