大空祐飛主演で『ヴァレンチノ』の再演も 宝塚歌劇団宙組のラインアップが決定 - 2010年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

宝塚歌劇団は5日、来年3月に行われる宙組公演のラインアップを新たに発表した。

まずは、シアター・ドラマシティ、日本青年館で、大空祐飛主演により上演される『ヴァレンチノ』。1920年代に活躍した不世出の映画スター、ルドルフ・ヴァレンチノの半生を描いたミュージカルで、86年に杜けあきを中心とした雪組により宝塚バウホールで初演され好評を博した。再演が望まれていたタイトルだ。

また同時期に、日本青年館及び宝塚バウホールでは、北翔海莉主演の新作『記者と皇帝』を上演。19世紀後半のサンフランシスコを舞台に、破産をきっかけに“自分が皇帝である”という妄想にとりつかれながらも、その言動で市民の人気を集めた人物「“初代合衆国皇帝にしてメキシコの守護者”ことノートンI世」と、その人気を当て込み、虚実入り混じる記事で部数を競い合う新聞記者たちの、奮闘と恋を描くポピュリスト・コメディ(人民喜劇)だ。

インフォメーション

【シアター・ドラマシティ/東京特別公演】

宙組
ミュージカル『ヴァレンチノ』

【スタッフ】作・演出=小池修一郎
【キャスト】大空祐飛 ほか

梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ公演
2011年3月8日(火)〜20日(日)
・一般前売=1月9日(日)開始
・料金=全席指定7,500円

東京特別(日本青年館)公演
2011年3月26日(土)〜4月2日(土)
・一般前売=2月13日(日)開始
・料金=全席指定S席7,500円/A席5,000円


【東京特別公演/宝塚バウホール】

宙組
バウ・ポピュリスト・コメディ
『記者と皇帝』

【スタッフ】作・演出=大野拓史
【キャスト】北翔海莉 ほか

東京特別(日本青年館)公演
2011年3月4日(金)〜10日(木)
・一般前売=1月30日(日)開始
・料金=全席指定S席6,500円/A席5,000円

宝塚バウホール公演
2011年3月17日(木)〜27日(日)
・一般前売=2月12日(土)開始
・料金=全席指定5,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2677