キャラメルボックス2011スプリングツアーで名作SF「夏への扉」を世界初舞台化 - 2010年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

演劇集団キャラメルボックスが、名作SF小説「夏への扉」を舞台化。来年のスプリングツアーとして上演する。

物語の始まりは1970年。主人公のダニエル・デイビスは、親友とともに会社を設立し「ハイヤード・ガール」というロボットを開発する。しかし、婚約中の恋人と親友の共謀から、会社もロボットも奪われてしまい、ダニエルに残されたのは飼い猫のピートだけに。自分を裏切った2人への復讐を誓うも、逆にとらわれの身となってしまいダニエルはコールドスリープにかけられる。そして、長い眠りから目が覚めると、そこは30年後の2000年だった……。

原作は、アメリカのSF作家ロバート・A・ハインラインが56年に発表したSF小説。SFファンの間でも、定番の名作として根強い人気を誇る作品だ。同劇団の成井豊もファンの一人で、劇団創立の際には「僕はこんな芝居がやりたい」と劇団員全員に読ませたというほど。「まさか本物がやれる日がくるとは思わなかった!」「舞台化されるのは、世界初だそうです。頑張るぞ!」とコメントを寄せている。

インフォメーション

キャラメルボックス2011スプリングツアー
『夏への扉』

【スタッフ】原作=ロバート・A・ハインライン 翻訳=福島正実(ハヤカワ文庫刊) 脚本・演出=成井豊+真柴あずき
【キャスト】畑中智行/西川浩幸/坂口理恵/岡田さつき/大内厚雄/筒井俊作/賽川貴美子/渡邊安理/多田直人/稲野杏那/林貴子/森めぐみ/小笠原利弥

大阪公演
2011年2月22日(火)〜27日(日)
・会場=サンケイホール ブリーゼ
・料金=全席指定S席6,500円/A席5,500円

東京公演
2011年3月5日(土)〜27日(日)
・会場=ル テアトル銀座 by PARCO
・料金=全席指定6,500円/BOX席(バディチケット)10,000円(劇団の電話でのみ取扱い)

各公演とも
・一般前売=12月19日(日)
・お問い合わせ=劇団 TEL.03-5342-0220(12:00〜18:00 日祝休み/東京公演中は16:00まで 日祝休演日休み)

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2694