ヤン・リーピン新作『クラナゾ』が来年4月に上演決定 - 2010年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

中国を代表する舞踊家、ヤン・リーピンの新作公演『ヤン・リーピンのクラナゾ』が11年4月に行われる。

08年の『シャングリラ』初演に続き、今年の行われた再演もチケットが完売。日本でも好評を博してきたヤン・リーピンの新作は、“チベット(蔵)の謎”と題した『クラナゾ』だ。チベットに生きる少数民族の宗教儀式や生命讃歌を歌舞で謳い上げ、チベット文化が独創的かつ幻想的に描いたもので、今や中国では決して踊ることのないヤン・リーピン自身が主演を飾り、日本公演用にプログラムが練り直されるという特別バージョンで上演される。

あるチベット族の老女が巡礼に出るところからストーリーは始まり、その旅路で出会うチベット族の風習や音楽、踊りが四川省民族歌舞団のパフォーマンスでつづられる。また、現地で実際に使われている楽器や道具で表現される「原生態」や、ヤン・リーピンの舞を通して表現される、チベット仏教の「輪廻転生」の思想など、チベット文化の深層を探る旅へが描かれる。

インフォメーション

『ヤン・リーピンのクラナゾ 〜チベットの謎〜』Tibetan Mysteries

【スタッフ】芸術監督・構成=ヤン・リーピン
【キャスト】ヤン・リーピン/四川省民族歌舞団

2011年4月5日(火)〜10(日)
・会場=Bunkamura オーチャードホール
・一般前売=12月25日(土)開始
・料金=全席指定S席11,500円/A席8,500円/B席5,500円
・お問い合わせ=Bunkamura TEL.03-3477-3244(10:00〜19:00)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2734