1月14日のNHK「芸術劇場」でピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『私と踊って』を放送 - 2010年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

1月14日(金)のNHK教育テレビ「芸術劇場」では、ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団の『私と踊って』を放送する。

ダンスと演劇の境界を超えた「タンツテアター」と呼ばれる表現手法で、30年にわたって世界の舞台芸術の領域で独自の存在感を放ち続け、09年6月にこの世を去ったピナ・バウシュ。

『私と踊って』は、バウシュがヴッパタール舞踊団の芸術監督に就任して4年後の77年に発表した作品。タンツテアターを確立しつつあった時期に発表され、バウシュによる作品群の原点となった。今回は、今年6月に同舞踊団が行った来日公演の模様を放送する。

情報コーナーでは、バウシュ独自の表現の魅力や、『私と踊って』の見どころを紹介。そして、本作の主人公を演じるジョセフィン・アン・エンディコットと、舞踊団芸術監督のドミニク・メルシーへのインタビュー「ピナ・バウシュの遺したダンス」も併せて放送される。 

インフォメーション

NHK 芸術劇場
劇場中継
ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団公演『私と踊って』

【スタッフ】振付・演出=ピナ・バウシュ 美術・衣裳=ロルフ・ボルツィク
【キャスト】ヴッパタール舞踊団

情報コーナー
「振付家、ピナ・バウシュの目指したダンスとその魅力」

インタビュー
「ピナ・バウシュの遺したダンス」
出演=ジョセフィン・アン・エンディコット(ダンサー)/ドミニク・メルシー(ヴッパタール舞踊団 芸術監督、ダンサー)

NHK教育テレビ:1月14日(金)23:00より放送予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2773