テレビ東京が1月4日にHDニューマスター版「サウンド・オブ・ミュージック」を放送 マリア役に新妻聖子 ナビゲーターには池上彰 - 2010年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

「ドレミの歌」「エーデルワイス」などの曲でおなじみの名作ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」。テレビ東京では、来年1月4日(火)に本作を放送する。

ナチス占領下のオーストリアを舞台に、トラップ一家と修道女マリアとの交流を通して、愛や平和の大切さを訴える本作。舞台版は、巨匠ロジャーズ&ハマースタインの作曲・作詞コンビを起用して59年にブロードウェイで開幕し、翌年のトニー賞ではほとんどの部門で受賞。映画版は、65年にロバート・ワイズ監督、ジュリー・アンドリュース主演で公開され、同年のアカデミー賞で10部門にノミネート、作品、監督、音響、作曲、編集の5部門でオスカーを獲得した。

今回放送されるのは、製作45周年を記念し、オリジナルの映像を新たに修復した「HDニューマスター完全復元版」。放送にあたり、日本語吹替え版もリマスター音声をもとに新たに制作。ジュリー・アンドリュース演じるマリアの吹き替えを務めるのは新妻聖子だ。

さらに、かつてテレビの映画番組には欠かせないものだった「映画解説コーナー」も登場。ナビゲーターには、ニュース解説で人気の池上彰を迎え、映画の裏側や時代背景を分かりやすく解説する。

インフォメーション

池上彰と見る!20世紀名作シネマ特別企画
「サウンド・オブ・ミュージック」
製作45周年記念HDニューマスター完全復元版

【スタッフ】監督・製作=ロバート・ワイズ 作曲=リチャード・ロジャーズ
【キャスト】ジュリー・アンドリュース(新妻聖子)/クリストファー・プラマー(井上和彦)/エリノア・パーカー(戸田恵子)/リチャード・ヘイドン(チョー)/ペギー・ウッド(藤波京子)/シャーミアン・カー(藤村歩) ほか
ナビゲーター=池上彰

テレビ東京:2011年1月4日(火)18:30〜21:54

過去の関連記事

» 映画「サウンド・オブ・ミュージック」製作45周年記念HDニューマスター版Blu-ray&DVDが12月3日発売 約6時間にわたる初収録の特典映像も

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2780