井上芳雄&上原多香子主演 ミュージカル『ウェディング・シンガー』製作発表会 - 2010年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
左から新納慎也、鈴木綜馬、井上芳雄、上原多香子、大澄賢也

拡大する

▲ 左から新納慎也、鈴木綜馬、井上芳雄、上原多香子、大澄賢也

08年に日生劇場で上演され好評を博した、ブロードウェイ生まれのミュージカル『ウェディング・シンガー』が3月に再演されることが決定。今回は、日生劇場(1,330席)からシアタークリエ(611席)に場所を移しての上演となる。12月6日、主演の井上芳雄と上原多香子をはじめ、大澄賢也、新納慎也、鈴木綜馬といったオリジナル・キャストと演出の山田和也が顔をそろえ、会見を行った。

本作は、98年にアメリカで公開された同名映画をもとに、06年にブロードウェイで初演されたラブ・コメディー。ウェディング・シンガーのロビーと、ウエートレス・ジュリアとの恋の行方が、80年代テイストたっぷりのポップな歌とダンスを織り交ぜて描かれる。日本初演時には、井上によるギター演奏のほか、当時、2作目の舞台出演だった上原のみずみずしい演技も話題になった作品だ。

会見では、作品のテーマである“ウェディング”にひっかけて、公募で選ばれたオーディエンス150人を招待。全員が円卓テーブルに着くと、そこにウェディングドレス姿の上原が登場するなど、披露宴さながらのユニークな形式で行われた。また、男性キャストと演出の山田による座談会は、本番のステージ上のような盛り上がりを見せ、出演者の仲の良さがうかがわれた。登壇者のコメントは以下の通り。

井上芳雄 ロビー役
前回の千秋楽公演が開演したとたんに「終わらなければいいのに」と思ったのを覚えています。普段、なかなかそう思える公演はないのですが、5年に1度くらいある、自分にとってのご褒美のような作品です。(観客の皆さまも)幸せになりに劇場に来てほしいですね。

上原多香子 ジュリア役
1カ月間、毎日、皆さんに祝福されて、誓いを立てて、ブーケトスをして……ということを繰り返していたので、まるで結婚したかような錯覚に陥り(笑)、楽しませていただきました。再演(を体験するの)は初めてなので、ワクワクしています。

大澄賢也 ジュリアの婚約者・グレン役
(本作は)歌とダンス、お芝居の要素がうまく融合されていて、笑いの中に重要なテーマが隠れています。また、再演といっても初演のメインキャストがほぼ全員そろうことはなかなかないんです。先ほど(出演者と)再会した時に、もう3年前の雰囲気に戻っていたので、これは期待大ですね! 

新納慎也 ロビーの友人でおかまのジョージ役
(観た後に観客が)暗いものを持って帰らないような作品が、すてきなミュージカルだと僕は思っています。この作品は、チラシに書いてあること以上の内容は何もなく(笑)。一瞬でもお客さんに暗いご時世を忘れてもらえたらと思います。

鈴木綜馬 ロビーの友人・サミー役
前回、アメリカンジョークを舞台上から発したところ、観客が反応して、フィードバックしてくれました。そういった、エネルギーのキャッチボールができる空間に感動しましたね。クリエでの公演も楽しみです。

山田和也(演出)
観ている人だけでなく、作っている人も幸福になってしまう、魔法のような作品。(初演より)一回り小さい劇場で上演するということは、よりアットホームになるということ。その一体感を大事にしたいと思います。

この記事の写真

  • 左から新納慎也、鈴木綜馬、井上芳雄、上原多香子、大澄賢也
  • 井上(左)と上原のさわやかカップルが復活。

インフォメーション

ミュージカル『ウェディング・シンガー』

【スタッフ】原作=ニューラインシネマ製作同名映画(脚本=ティム・ハーリヒ) 音楽=マシュー・スクラー 脚本・作詞=チャド・ベグリン 脚本=ティム・ハーリヒ 演出=山田和也 上演台本・訳詞=飯島早苗
【キャスト】井上芳雄/上原多香子/樹里咲穂/大澄賢也/新納慎也/初風諄/鈴木綜馬/ちあきしん/徳垣友子 ほか

東京公演
2011年3月6日(日)〜29日(火)
・会場=シアタークリエ
・料金=全席指定S席11,000円/A席8,500円
・チケット発売中
・お問い合わせ=東宝(株)演劇部宣伝室 TEL.03-3591-1222

大阪公演
2011年4月1日(金)〜4日(月)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
・料金=全席指定11,500円
・チケット一般前売=2月12日(土)開始
・お問い合わせ=劇場 TEL.06-6377-3888

愛知公演
2011年4月8日(金)〜10日(日)
・会場=中日劇場
・料金=全席指定A席11,000円/B席7,000円
・チケット一般前売=2月12日(土)開始
・お問い合わせ=劇場 TEL.052-263-7171

山梨公演
2011年4月13日(水)
・会場=山梨県立県民文化ホール
・料金=全席指定S席(1F)8,000円/A席(2F)6,500円 *当日各500円増
・チケット一般前売=1月15日(土)開始
・お問い合わせ=舞芸センター TEL.055-228-3589

福岡公演
2011年4月17日(日)
・会場=福岡市民会館
・料金=全席指定S席11,000円/A席8,500円、学生5,000円(当日座席指定・要学生証)
・チケット一般前売=2月6日(日)開始
・お問い合わせ=ピクニック TEL.092-715-0374

大分公演
2011年4月19日(火)
・ 会場=iichiko 総合文化センター
・ 料金=全席指定S席7,000円/A席5,000円、学生3,000円(当日座席指定・要学生証)
・チケット一般前売=1月29日(土)開始
・お問い合わせ=財団法人大分県文化スポーツ振興財団 文化企画課 TEL.097-533-4004

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2791