あらゆるジャンルのパフォーマーが60組以上登場 「PLAY PARK 2011 〜日本短編舞台フェス〜」来年3月に開催 - 2010年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

舞台フェスティバル「PLAY PARK 2011 〜日本短編舞台フェス〜」来年3月18日(金)から20日(日)の3日間、渋谷の大型ライブハウスO-EASTで開催される。

同フェスティバルでは、3日間で合計60組以上のアーティストたちが登場。15分から30分のパフォーマンスが連続で6時間にわたり展開される。舞台は「PARK STAGE」と「GARDEN STAGE」の2ステージで同時上演され、1階席はオールスタンディングで、アルコールなどのドリンク販売もあり、音楽フェスのように楽しめるようだ。

現在、公式サイトでは第一弾出演アーティストが発表されており、入江雅人やカムカムミニキーナ、劇団鹿殺し、表現・さわやかなどの「演劇」畑のアーティスト、珍しいキノコ舞踊団、BABY-Q、KENTARO!!といった「ダンス」のパフォーマーたちに加え、サンドウィッチマン、鳥肌実、明和電機などあらゆるジャンルのパフォーマーが名を連ねている。

1月15日(土)には第二弾出演アーティストとタイムテーブルが発表されるという。

また、「GARDEN STAGE」では出場団体の一般公募も受付中だ。応募の締切は1月31日(月)当日消印有効。詳細は公式サイトを参照。

インフォメーション

「PLAY PARK 2011 〜日本短編舞台フェス〜」

アクサル/入江雅人/カムカムミニキーナ/かわせみ座/劇団鹿殺し/サンドウィッチマン/鉄割アルバトロスケット/転球劇場/動物電気/扉座・轟組/鳥肌実/ひげ太夫/ピチチ5/表現・さわやか/腹筋善之介/ボクデス(小浜正寛)/ミドリカワ書房/宮崎吐夢/明和電機/珍しいキノコ舞踊団/BABY-Q/KENTARO!! ほか

2011年3月18日(金)〜20日(日)
・会場=SHIBUYA O-EAST
・チケット一般発売=2月6日(日)開始
・料金=1日券5,200円/VIP席6,800円(2階席リザーブシート、各日100枚限定)/3日通し券12,500円
・お問い合わせ=PLAY PARK事務局 TEL.03-6804-0064

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2829