新橋演舞場公演『ペテン・ザ・ペテン』中村勘三郎の代役はラサール石井に決定 - 2011年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

体調不良のため、新橋演舞場の2月公演『ペテン・ザ・ペテン』を降板することになった中村勘三郎の代役に、ラサール石井が決定した。ラサールは本作で演出も務めている。

この変更に伴い、2月5日(土)16:30開演の回と、2月11日(金・祝)16:30開演の回が中止に、2月4日(金)16:30開演の回が追加となった。中止公演の払い戻しなどの詳細については公式サイトを参照。

公式サイトでは、ラサールのコメントを掲載。「この2月の演舞場公演は長年にわたり勘三郎さんと一緒に作ってきたシリーズであります。その気持ちを胸に、渡されたタスキをつなぐ駅伝ランナーの気持ちで舞台に立たせていただくことを決意しました」と心境をつづっている。

過去の関連記事

» 2011/1/11「中村勘三郎が過労のため舞台を降板」

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2859